スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日の横浜

金曜日の横浜
金曜日の横浜
SIGMADP1x F4.0AE ISO400 (RAW-JPEG変換)

所用で横浜へ。
普段使っている万年筆がインク漏れを起こし、洗っても再発するので修理に出すことにした。
デジタルの方が便利と思うが、紙にペンで字を書く事はやめられない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさに修錬向きか?

この28mm相当の広角レンズ、使いこなすのがなかなか難しそうですね。
特に至近距離では、モノのカタチを正確に捉えるためには、パースをつけないようなアングルを考えなければならないので、逆に言えば、このカメラで完全に上下左右の傾きを感覚として制御出来る様になれば、ライカだろうとニコンだろうと、怖いもの無しといった感じも受けました。
ただ、そんな小難しいことはさておき、発色や線描写といった表現力、そして前ボケが人間の視覚に近似しているのが面白いと思いましたね。

Re: まさに修錬向きか?

Charley944さん
お疲れです。
ニコンが何ともマニアックなものをだしましたね。
http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_v1/index.htm
最近のニコンのカメラについていた「Fmount」表記はこの「1mount」の為だったかと驚きました。
読み方はイチなのかアイなのか判断は分かれるところですが(笑)

さて、元々28mmの画角はGR1v時代からの付き合いで慣れてはいるものの、最近はちいと楽して35mmとか40mm付近で遊んでましたので、これではいかんと強制的に28mmに戻した次第です。

上下左右の傾きは慣れないと難しいですが、テーブルの上に置くとか何かすれば案外簡単に処理できるのであとはどこまで寄れるかに重きを置きました。
リコーは寄れるという事は判っているのですが、品質管理で今一の不安がありまして、今はシグマの28mmF4.0レンズで遊んでます。

慣れるとFOVEONの色合いから抜けられませんねえ。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。