スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のApo-Rodagonが見た川越駄菓子屋横丁

蔵の街から足を延ばして駄菓子屋横丁に行ってみました。
火事の跡もほぼ消えており、再建が進んでいる様です。

1枚目:iPhone7
2~6枚目:LeicaM9+Apo-Rodagon50/2.8(Full-OpenedAE)

Aporodagon5028
今日はあまり光もささなかったので、フードはつけませんでした。
絞り開放2.8で感度160で撮影してましたが、13時半を過ぎると日陰の撮影はシャッター速度が1/60より早くなることはありませんでした。

Aporodagon5028と川越駄菓子屋横丁
1枚目は駄菓子屋横丁入り口のお店を一枚。
11月25日から営業再開だそうで、今日はプレオープンだった様でした。
漸く火災前の風景に近づいたかなというところです。

Aporodagon5028と川越駄菓子屋横丁
2枚目は同じく駄菓子屋横丁入り口の店を一枚。
25日に向けて急ピッチで外観の仕上げをやっている様です。

Aporodagon5028と川越駄菓子屋横丁
3枚目は駄菓子屋横丁脇の川に残っていた柿の木を一枚。
秋の色ってこういう色ですね。

Aporodagon5028と川越駄菓子屋横丁
4枚目は駄菓子屋横丁脇のお寺の境内にあった紅葉を一枚。
こちらはきれいに色づいていました。

Aporodagon5028と川越駄菓子屋横丁
最後は駄菓子屋横丁名物の風船ピエロのおじさんを一枚。
撮った時はお客は二人だけでしたが、この後家族連れが二組くらい来て賑わってました。

この後は成田山と喜多院の様子を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

曇天でも原色はくっきりと。

おつかれさまです。
1,2枚目の景観上アグリー以外の何物でもない赤い三角コーンは見なかったことにして、3,4,5枚目の黄緑~赤までの色系統の発色はこの曇天の午後の光線状況下でも見事なものですね。
路面や壁面の石などの無機物が朴念仁のごとく陰気な色合いなのに比して、前述の色系統が浮きたって見えるカンジで、まさに水墨画の中の柿だけ朱で色を付けた南画を見たことがあったことを思い出しました。

Re: 曇天でも原色はくっきりと。

charley944さん
お疲れです。

場所が良いからってこともあるでしょうね。
撮りなれた場所でもありますし。
あとはレンズが良いからってことで。

> おつかれさまです。
> 1,2枚目の景観上アグリー以外の何物でもない赤い三角コーンは見なかったことにして、3,4,5枚目の黄緑~赤までの色系統の発色はこの曇天の午後の光線状況下でも見事なものですね。
> 路面や壁面の石などの無機物が朴念仁のごとく陰気な色合いなのに比して、前述の色系統が浮きたって見えるカンジで、まさに水墨画の中の柿だけ朱で色を付けた南画を見たことがあったことを思い出しました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。