FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日のX100Tが見た原宿・表参道

本日はKinoplasmatさんやneolibatesさんをはじめとしたJapanLeicaClubの方々が写真展を開催していると言う事で原宿表参道からちょいと路地を入ったギャラリーNP原宿に行ってきました。

皆様力作ぞろいで、カラーやモノクロで影・蔭・翳を表現されてました。
こういう表現方法もあるのかと勉強になりましたね。

丁度私が訪問した時にはKinoplasmatさんが居られましたので、作品コンセプトについて伺うことが出来ました。
プリント用紙までこだわった姿勢は流石の一言ですね。

1枚目:iPhone7
2~7枚目:FUJIFILM X100T(Full-OpenedAE)

X100T
AFの微妙な中抜けはあれども夜間撮影をAFで行うなら、多分手持ちカメラの中ではiPhone7に次いでちゃんと撮れるカメラなんですよねX100Tは。
フードをつけるのを忘れたので、思ったよりネオンの反射光が入ったりしましたが、今度夜景をこれで撮りに行こうかなと思いました。

X100Tと原宿
1枚目はJLC写真展を開催しているギャラリーNP原宿の玄関を一枚。
表参道からちょいと奥に入ったところなので、うっかり行き過ぎてしまいそうになりました。
この周辺も結構撮りがいのある場所だなと思いました。
丁度12月中旬くらいまで、1Fのナショナルフォートではコダックのフィルムを安売りしている様ですので、気になる方は行ってみてはいかがでしょうか。

X100Tと原宿
2枚目はKinoplasmatさんと話し終わってギャラリーを出たところの階段から路地を撮影したもの。
17時過ぎですがもう夜になってますね。
最新式のデジタルカメラやスマートフォンでないと、結構難しい撮影になりそうです。

X100Tと原宿
3枚目はギャラリーから表参道に抜ける帰路に見かけたカフェの脇にあった排煙口を一枚。
調理中だったからかもうもうと煙が出てました。
雨も降っていたので微妙にサイバーパンクっぽい雰囲気を感じました。

X100Tと原宿
4枚目は帰路別な路地に入ったところで見つけたウインドウを一枚。
良く判らないですが、何かのショップの宣伝なんですかね?

X100Tと原宿
5枚目は原宿駅に向かう途中ですれ違った若い外人親子のうち、旦那に子供を預けた奥さんが婦人服の店のウインドウに目を停めた瞬間を振り向きざまに撮影したもの。
AFワンプッシュでしたが、うまくピントが合いました。
この直後、奥さんは旦那に「もう行くぞ」と声をかけられ、「まだ見たかったのに」みたいな雰囲気でついて行かれました。

X100Tと原宿
最後は表参道のソフトバンク原宿のウインドウでペッパー君を撮影していた母親を一枚。
どうも中で旦那と子供がこのペッパー君で遊んでいたようですね。

久々に歩いた原宿でしたが、夜景も良いですね、撮って見ると。
また横浜とか夜景撮りに行こうかなと思いました。

さて、次回はどこに行きましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。