スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のヤシコン50/1.4が見た学芸大前駅近くの情景

本日はヨッピーさんがご自身のスタジオを使ってオールドレンズの写真展をやってましたので、見に行ってきました。
Charley944さんは昨夕行かれたご様子。
ヨッピーさんはOLYMPUS E-P3とSONYα7Rにオールドレンズを装着してモデル撮影をしてますが、中々雰囲気良かったですよ。
明日まで開催してますので、ぜひよく手入れされたシネレンズやCマウントレンズのポートレート撮影結果に興味のある方は行ってみてください。

1枚目:iPhone7
2~6枚目:CanonEOS6D+YASHICA CONTAX PLANAR50/1.4*T(Full-OpenedAE)

Planar5014YCEOS6D
今回は珍しくデジタル一眼+クラシックレンズと言う組み合わせで。
ヨッピーさんご使用のカメラがα7Rなので、こちらもフルサイズ持って行こうかと思ったのですよ。
が、自宅に置いてあったのはこれなんで、今回はこれで。
Y/Cレンズと組み合わせると、ライブビュー撮影でなくてもある程度の距離ならファインダーで行けちゃいます。
M42マウントだと難しいのですけどね。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
1枚目は学芸大前で降りた際にうっかりヨッピーさんのスタジオと逆方向に出てしまったので、ついでに撮って見た一枚。
これくらいの距離だと普通に撮れちゃいますね。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
2枚目は1枚目の写真中央奥にあるプランターをライブビューで。
これくらいの距離だとライブビュー撮影の方が安心です。
ファインダー撮影だと微妙にずれちゃいますね。
OVF上はピントが合っている様に見えますが微妙に後ピンになります。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
3枚目は1枚目の通路の奥にあった鉄製の扉と使い古したモップを一枚。
学芸大前が賑わっているからでしょうか。
こういうものも絵になるなと思いました。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
4枚目はヨッピーさんのスタジオ近くのレストラン脇にあった自転車を一枚。
ちょっと不安だったのでライブビューで撮影しました。
思ったより暗くなったかなという感じで。

Planar5014YCEOS6Dと学芸大前
最後は学芸大駅前の通りを。
無限遠で撮って見たら思ったより前ボケが出ました。
ファインダーで撮るときはちょっと絞った方が安心かもしれません。

今回ヨッピーさんの写真展を見に行って、展示の仕方とかプリントの出し方、奉賀帳の置き方とか参考になりました。
こういう風に見せると見やすいなと思った次第です。

それにしても、Cマウントレンズ+E-P3で撮ったモデルさんがきれいに映っているので、マネージャーの方にお話を聞いてみたらライティングにもこだわっているのだとか。
なるほど、そういう部分でもプロは違うのだなと思いました。

さて、来週はどこに行きましょうかねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと露出オーバー気味が惜しいかな・・・

おつかれさまです。
4枚目はツボにはまった露出レベルだと思いますが、このヤシコンプラナーをデヂで使おうとすると、彩度(色の分離も含め)とコントラスト、そして階調再現性のコントロール域がかなり狭いようで、ちょっとオーバー気味だと最後のカットに代表されるように、ピントの合焦範囲で云えば、かろうじて目鼻の区別がつきそうな領域でも、テクスチャが吹っ飛んでのっぺら坊になってしまう傾向があるようです。
むしろ、-1.5EVくらいのアンダーで常に撮るようにした方が、T*コートのスィートスポットでのややウェットなカンジの発色を愉しめるのかも知れません。

Re: ちょっと露出オーバー気味が惜しいかな・・・

charley944さん
お疲れです。
なるほど、アンダー目で撮った方が良い感じですか。
露出調整はまだ慣れてないですので、色々挑戦してみようと思います。
にしてもライブビューで撮らないとピントが合わないというのはなんともはや。

> おつかれさまです。
> 4枚目はツボにはまった露出レベルだと思いますが、このヤシコンプラナーをデヂで使おうとすると、彩度(色の分離も含め)とコントラスト、そして階調再現性のコントロール域がかなり狭いようで、ちょっとオーバー気味だと最後のカットに代表されるように、ピントの合焦範囲で云えば、かろうじて目鼻の区別がつきそうな領域でも、テクスチャが吹っ飛んでのっぺら坊になってしまう傾向があるようです。
> むしろ、-1.5EVくらいのアンダーで常に撮るようにした方が、T*コートのスィートスポットでのややウェットなカンジの発色を愉しめるのかも知れません。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。