スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜日のHeliarClassic75mmが見た与野大正時代祭

さて、前回に続き、与野大正時代祭からの撮影結果です。
この日はR-D1xGにNikkor-S50/1.4とHeliarClassic75/1.8、MS-OpticalSonnar2.8/38*Tの三本を持って行って撮ってました。
今回はその中からHeliarClassic75㎜での撮影結果を。

1枚目:iPhone7
2~9枚目:EPSON R-D1xG+VOIGTLANDER HeliarClassic75/1.8(F4AE)

ClassicHeliar7518RD1xG
よく考えたら、R-D1xGに75㎜のファインダー枠はなかったということに、装着してから気づきました。
そういやこれって28・35・50㎜枠しかないんですよね。
なので、ピントだけ合わせてあとは勘でこの辺かなって感じで撮ってました。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
1枚目はパレード直前の待ち時間で、沿道にいた親子連れが子供に屋台で買ったお面をかぶせた瞬間を撮ったものです。
この後子供はお父さんにお面をかぶせてましたが、のぞき穴が小さいのか「前が見えない」とお父さんは話してました。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
2枚目はパレード前に阿波踊りを踊っていた地元の子供が親を呼んでいたので、その瞬間を撮影したものです。
結構近距離で撮ったからかF4でもボケますね。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
3枚目は多分2枚目の子供かな。
その阿波踊りの様子を捉えたもの。
観光客が少ないので、これくらいの距離まで寄って踊る姿を撮影出来ました。
案外声をかければこちらに目線をくれることもあるので、この時一緒に行ったKinoplasmatさんやSKさんKsmtさん以外にも趣味で撮影している方々が結構来てました。
仮装している方は声をかければ色々ポーズもつけてくれるので、案外この祭り穴場かもしれません。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
4枚目は仮装パレード中の一コマ。
大正時代祭の銘打つだけあって、仮装の方向性もそちら方面が主軸となっております。
昔の女学生風の着物で街を歩くというのも中々洒落たものがありますね。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
5枚目は仮装パレードの後からやってきた地元与野の神輿の担ぎ手の方々を一枚。
仮装パレードと神輿の関係性は良くわかりませんが、祭りである以上神輿は出るのでしょう。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
6枚目は神輿を逆方向から一枚。
掛け声をかけながら担いでますので、こんな表情に。
こういう瞬間を良く捉えたなあと、PCのモニターで見ながら感心してしまいました。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
7枚目はパレードから戻ってきた神輿で遊ぶ子供たちを一枚。
何故か中央の子供は神輿に何度も登ってました。
周りの大人がちゃんと見ているので問題はありませんでしたが、こういうシーンも微笑ましくていいですね。

ClassicHeliar7518RD1xGと与野大正時代祭
最後はパレード終了後何かないかと歩いていた時に見かけた昔の学生服を着たカップルを一枚。
声をかけたところ、「こんな感じで」とポーズをつけてくれたものです。
勘働きの75㎜じゃなくて、NikkorS50/1.4で撮ればよかったと後から思い返した一枚でもあります。

今回はR-D1xGでの撮影でしたので、いつものX-Pro2みたいにリカバリーが効かないのですよ。
その分後からPCモニターで見返す楽しみもあるので、多分また使うのでしょうね、これ。
撮影枚数も600枚くらい行ってたし。

さてこの後はSonnar2.8/38*Tの撮影結果を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三枚目と八枚目に瞠目!

おつかれさまです。
どのレンズを使っても、やはり、R-D1s系列独特のちょっとマゼンタっぽいカンジのウェットな描写は共通してますね。
でも、やはり三枚目の速写性を活かしたチャンス的カットと最後のカットの被写体との”共犯感”がとてもよろしいのではないかと。

Re: 三枚目と八枚目に瞠目!

charley944さん
お疲れです。
やはりR-D1シリーズの強みはこの速写性と被写体との独特の距離感ではないかと思うのですよ。
だから時たま使いたくなるのです。
とは言え、夜間撮影は厳しいのでストロボ必須になりますけどね。

> おつかれさまです。
> どのレンズを使っても、やはり、R-D1s系列独特のちょっとマゼンタっぽいカンジのウェットな描写は共通してますね。
> でも、やはり三枚目の速写性を活かしたチャンス的カットと最後のカットの被写体との”共犯感”がとてもよろしいのではないかと。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。