スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日のULTRON28㎜が見た川越蔵の街

以前、charley944さんが「最近売っている市販レンズの中で安くて良く映る広角レンズをお探しなら、VOIGTLANDERのULTRON28㎜一択ですな」と話していたので、導入してみましたよ。

確かに、M9で使っても破たんがない感じで、デジタル向けのチューニングもやっている様子です。

1~6枚目:LeicaM9+VOIGTLANDER ULTRON28mm/2.0(Full-OpenedAE)

ULTRON2820と川越蔵の街
うっかりM9とULTRON28㎜の写真を取り忘れたので、一枚目は川越大正ロマン通りの入口を一枚。
今日は祝日ということもあって、国旗が至る所にかかってました。

ULTRON2820と川越蔵の街
2枚目は川越商工会議所を一枚。
この日は休日ということもあってこの近くにある小川菊は鰻待ちの行列がかなりのものでした。
また那珂川の鰻となすひかりを使っている林屋はもう看板になってました。

ULTRON2820と川越蔵の街
3枚目は蔵の街の大通りに面した公園に飾られた風鈴ドームを一枚。
去年はなかった筈ですが、今年は街を上げて風鈴を推している様ですね。
川越の夏の風物詩として、定着させたいのでしょうね。

ULTRON2820と川越蔵の街
4枚目は時の鐘の入口を一枚。
休日の川越は浴衣を着て来ると色々割引が効くみたいで、この日もカップルで浴衣を着ている人たちも結構いました。

ULTRON2820と川越蔵の街
5枚目は川越蔵の街の外れにある旧赤線地帯と思われる廃墟を一枚。
ここも川越蔵の街を歩くときは定点観測ポイントにしてます。
このエリアだけ、時が止まったような錯覚に襲われるのですが、市役所から5分くらいの距離に何故こういう建物がそのまま残されているのか不思議ですね。

ULTRON2820と川越蔵の街
最後は川越氷川神社の絵馬回廊を一枚。
縁結び風鈴回廊はかなりの人ごみでしたが、こちらは空いているのでびっくりです。
季節的なものでしょうか。今年は神社の至る所に風鈴回廊がたってましたし、縁結びを祈願しなくてもすぐ縁が結べそうな女性たちがこぞってお守りを買っていたのが印象に残りました。

さて、本日はここまで。
この週末はどこか撮りに行きましょうかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Ultron 28mmはいいですよね.よく写ります.
フォクトのレンズはまずハズレがないので安心ですね.

頭一つ飛び出た描写性能か・・・

おつかれさまです。
こういうことを言うと、がっくしきてしまうか?或いは反対にムッとされてしまうか判りませんが、誤解を覚悟であえてコメントするならば、ここで拝見してきた28mmクラスの広角での実写結果のうち、今回のUltronのものは、まず頭一つ、キレやヌケのようなものが飛び出ているかの印象を受け、それがため、画面を見ていて、すぅーっと中に入って行けるが如き臨場感を受けるのですよ。
一方、最後のカットの前ボケはまごうことなきクラシックレンズの文法に則っていますし、このレンズ、或る意味、21世紀に生まれたMマウントレンズのうちの傑物の一本といっても過言ではないかも知れません。

Re: No title

Neoribatesさん
お疲れです。
返信遅くなりました。

フォクトのレンズは仰る通り外しがありません。
普通に撮るなら、これで十分です。
もっともライカ純正レンズの凄さはそれ以上に見える様にも思いまする。
手は届きませんが(笑)

> Ultron 28mmはいいですよね.よく写ります.
> フォクトのレンズはまずハズレがないので安心ですね.

Re: 頭一つ飛び出た描写性能か・・・

Charley944さん
お疲れです。
そらそうでしょう。
最新レンズがオールドレンズに負ける様なことがあっちゃならんのです(笑)
Ultron28mmは映りが良くて当たり前。
写し手の言い訳が効かないレンズですよ。
だから良いんです。

やはりわたしゃこっち方向だなと最近感じてますわ。


> おつかれさまです。
> こういうことを言うと、がっくしきてしまうか?或いは反対にムッとされてしまうか判りませんが、誤解を覚悟であえてコメントするならば、ここで拝見してきた28mmクラスの広角での実写結果のうち、今回のUltronのものは、まず頭一つ、キレやヌケのようなものが飛び出ているかの印象を受け、それがため、画面を見ていて、すぅーっと中に入って行けるが如き臨場感を受けるのですよ。
> 一方、最後のカットの前ボケはまごうことなきクラシックレンズの文法に則っていますし、このレンズ、或る意味、21世紀に生まれたMマウントレンズのうちの傑物の一本といっても過言ではないかも知れません。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。