スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日のBALTAR50㎜が見た川越氷川神社の風鈴と駄菓子屋横丁

本日は久々に川越蔵の街から川越氷川神社を経由して駄菓子屋横丁まで歩いてきました。
久々に歩くと開発が進んでいたり、店が変わっていたりと風景が変わっているところもあるので、今後は行ける時には撮りに行かないとなと思った次第。

1枚目:iPhone5
2~6枚目:LeicaM9+BALTAR50/2.3(Full-OpenedAE)

BALTAR5020M9
今日は曇天と晴天が行ったり来たりな天気だったので、開放2.3くらいが限度かなと思い、このレンズを持ち出したのでありますよ。久々の距離計連動シネレンズですが、良い感じの写りになるのはさすがボシュロム製ですね。
ズミクロンも良いですが、たまにはこちらも、ということで。

BALTAR5020M9と氷川神社
1枚目は氷川神社裏手の川にかかる橋で、彼女の記念写真を撮る直前の男性を一枚。
最近はスマホのカメラも十分きれいに映るようになりましたから、普通に歩くならスマホだけあれば撮影もいけますな。
カメラメーカーは冗談抜きで対策を考えといた方が良いかも知れませんね。
今はフィルムが廃れていく一方ですが、その内高級なミラーレスや一眼レフ、レンジファインダー以外のデジカメも駆逐されるでしょうね。プリントするにもデータを渡すにもスマホがあれば十分です。
レンズがどうとか、写りに拘るのはごく少数の偏屈な人間だけになりますぜ。

BALTAR5020M9と氷川神社
2枚目は川越氷川神社の縁結び風鈴を一枚。
すっかり夏の風物詩になった風鈴であります。今年は蔵の町にも風鈴が飾られて、町中夏を風鈴で彩っております。
昨年はここまでじゃなかった様な気もするのですけどね。

BALTAR5020M9と氷川神社
3枚目はちょいとボケを狙って頭上の風鈴を一枚。
それなりの高さがありましたが、良い感じに撮れたように思います。

BALTAR5020M9と駄菓子屋横丁
4枚目は駄菓子屋横丁入り口で遊ぶ子供とその祖父を一枚。
火事で焼失した建物も復旧してきて、入り口付近の風景もだいぶ変わってきました。
来年正月に川越撮影会をクラレン連でやる頃にはもっと変わっていそうですね。

BALTAR5020M9と駄菓子屋横丁
最後はいつもの団子やさんの軒先を一枚。
なんでもこの辺りでポケモンGOをやってもポッポしか捕まらないのだとか。
だからでしょうか、今日歩いていてポケモンGOをやっていそうな人にはついぞ出くわしませんでした。

さて、この後は順番は前後しますが、M9とULTRON28㎜で撮影した川越蔵の街の様子を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2枚目の遠近感と三枚目のバブルボケに瞠目...

おつかれさまです。
いつも自分のM8やX系列のこってりした色乗りを見慣れているせいか、ちょっと色褪せたカンジに見えてしまうのはご愛敬として、二枚目の遠近法で云う消失点が絶妙な位置にあり、手前に傍若無人にも所かまわず電話なんかしている短パン小姐が置かれているのが画として面白く、三枚目は被写体との距離感、ガラスの質感描写、そして背景のバブルボケが心地良いハーモニーを奏でているんぢゃないでしょうか。

Re: 2枚目の遠近感と三枚目のバブルボケに瞠目...

charley944さん
お疲れです。
今回M9は色合い関係の調整を全て±0でやってみました。
やはりライカというかRFで撮影すると、こういう状況では目立たなくていいですね。
デジイチだとどうにも嵩張りますし、取り回しがねえ。

2枚目と3枚目に評価を頂きありがとうございます。
やはりレンズが良いからじゃないですかね(笑)


> おつかれさまです。
> いつも自分のM8やX系列のこってりした色乗りを見慣れているせいか、ちょっと色褪せたカンジに見えてしまうのはご愛敬として、二枚目の遠近法で云う消失点が絶妙な位置にあり、手前に傍若無人にも所かまわず電話なんかしている短パン小姐が置かれているのが画として面白く、三枚目は被写体との距離感、ガラスの質感描写、そして背景のバブルボケが心地良いハーモニーを奏でているんぢゃないでしょうか。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。