スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のCine-Xenon28mmが見た築地場内

さて、ズームレンズだと嵩張るので、レンズをコンパクトなCine-Xenon28mmに変えて撮影続行です。
どう場内を捉えたでしょうか。

1枚目:iPhone5
2~8枚目:FUJIFILM X-Pro2+Cine-Xenon28mm/2.0(Full-OpenedAE)

Xenon2820
ここぞという時の決め球の一つであります、このレンズ。
写りも良くてコンパクト。
距離計連動はできませんが、ミラーレスで使う分には何の問題もありません。

Xenon2820と築地場内
1枚目は場内でターレを撮影しようとカメラを向けたところ、目の前で止まって歩いていた女性と話し出した様子を撮ったもの。
お互い知り合いなのでしょうか。
笑顔で話していたのが印象的でした。

Xenon2820と築地場内
2枚目は場内にある本屋の様子を一枚。
場内に本屋というのも不思議ですが、築地市場の資料なども販売しているので重宝してます。

Xenon2820と築地場内
3枚目は一仕事終えてラジオを聴きながら今日の売り上げを読む老人を捉えたもの。
場内市場は本来午前中でおしまいですから、こういう光景は珍しくありません。
周囲に場内の食堂に並ぶ観光客がいるにもかかわらず平然とメモを読んでおりました。

Xenon2820と築地場内
4枚目は築地場内の方々一押しの店らしい吉野家の軒先を一枚。
確かにこの店は観光客も並んでませんし、「早い、安い、美味い」と三拍子揃ってますから、市場関係者に人気があるのも頷けます。次点は鳥藤場内店みたいですが、最近「もしもツアーズ」で取り上げられたからか鳥藤の方は結構な客が並んでました。
しばらく見ていると、市場関係者や運送会社の人たちがひっきりなしに入ってましたので、人気が高いのは事実の様です。
豊洲移転の際にはここはどうするのでしょうね。

Xenon2820と築地場内
5枚目は場内を歩いていたところすれ違ったターレに夫婦らしきカップルが乗っていたので目測ピント合わせで撮影したもの。
案外うまく行くものですね。
場内を歩いているとこういう光景はよく目にします。

Xenon2820と築地場内
6枚目は場内市場入り口近くのトロ箱廃棄の様子を一枚。
首都圏の台所ですから、廃棄されるトロ箱の量も半端じゃありません。
この前行った横浜中央卸売市場でもそうでしたが、こういった箱の廃棄量はかなりあるのでしょうね。

Xenon2820と築地場内
最後は場内市場入り口近くをすれ違うターレを一枚。
業者同士で声を掛け合っていました。
こういう光景もあと4か月くらいなのでしょうか。

久しぶりに場内を歩いてみましたが、横浜中央卸売市場と違って外国人をはじめとした観光客がかなり歩いていましたし、場内の食堂もそのほとんどはそういった観光客向けの店になっている様です。
豊洲移転でその辺りはどう変わるのか様子を見ていきたいですね。

さて、この後は同じくCine-Xenon28㎜で撮影した築地場外の様子を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

消えゆく街の様子を寂寥感たっぷりに描いてますね♪

おつかれさまです。
この妙に青被りというか、シアンっぽい褪めた発色も、色褪せつつある、築地のノスタルヂーの表現と考えれば、ビビッドな発色で撮るよりはTPOをわきまえてる、という見方も出来なくはないかも知れません。
しかし、ここで主役級のターレットも豊洲の新市場建屋で床ごと崩落しなきゃイイがな、とか余計な想像もしてしまいました・・・

Re: 消えゆく街の様子を寂寥感たっぷりに描いてますね♪

charley944さん
お疲れです。
これ撮った日は、どうもこう消えゆく築地のノスタルジー的なものを意識しました。
あと3か月ちょいでなくなるのですよね、ここ。
本当に豊洲は大丈夫なのか気になるところです。

> おつかれさまです。
> この妙に青被りというか、シアンっぽい褪めた発色も、色褪せつつある、築地のノスタルヂーの表現と考えれば、ビビッドな発色で撮るよりはTPOをわきまえてる、という見方も出来なくはないかも知れません。
> しかし、ここで主役級のターレットも豊洲の新市場建屋で床ごと崩落しなきゃイイがな、とか余計な想像もしてしまいました・・・
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。