スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日のFD50/1.4SSCが見た横浜マラソン

手漕ぎボートに手を振った後、もう一度横浜マラソンが見えるポイントにもどってきました。
さて、FD50/1.4SSCは横浜マラソンをどう捉えたのでしょうか。

1枚目:iPhone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CanonFD50/1.4S.S.C.(Full-OpenedAE)

FD5014ssc
キヤノンミュージアムだと写真はついてないのですね、このレンズは。
当時の値段は32,000円だったということで、それなりの金額だったのですねえ。

FD50/1.4SSCと横浜マラソン
1枚目はゴール手前でもはや完走ではなく完歩を目指すランナー達を一枚。
昨日Cine-Xenon40㎜で撮った結果を掲示してあるので、比べてもらえるとわかると思いますが、ランナー達の顔が疲れ切ってます。
丁度13時30頃でしたのでスタートから5時間経過というところでしょう。
そりゃもう厳しいわけです。

FD50/1.4SSCと横浜マラソン
2枚目は画面中央のドラえもんランナーに焦点を合わせての一枚。
この後沿道からの声援を受けてまた走り出してましたが、こういう仮装で走るのって辛そうですよね。
ましてこの日は曇天でしたし。

FD50/1.4SSCと横浜マラソン
3枚目はゴールに向かうランナーを撮影した瞬間に丁度身を乗り出してきたご婦人を入れたもの。
ご家族の方が走っていたようで、「あとちょっと!」と声をかけておられました。

FD50/1.4SSCと横浜マラソン
4枚目は仮装ランナーの最右翼に位置するのではないかと思われる鉛筆と消しゴムの仮装をしたランナーを一枚。
流石にもうへとへとになってましたが、それでも声援に消しゴムを振り上げて応える等のサービス精神は旺盛でした。
ただ、体力に自信がないとこういうのできないのですよね、結構体力奪われますから、これって。

FD50/1.4SSCと横浜マラソン
最後はランナーを見守りコスモクロックを一枚。
修理中だったのか中央の時計は隠されてましたが、下から見上げると迫力ありますね。

ふと思い立って行ってみた横浜マラソンと横浜マリンアンドウォークでしたが、中々面白かったですね。

さて、週末は何を撮りに行きましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

観覧車の精緻な描写に瞠目

おつかれさまです。
同じレンズで立て続けに3本とはよほど気に入られたのですね。
ほぼ逆光条件で細い入り組んだ被写体である観覧車の鉄骨の一本一本が精緻に描き分けられているのは、とても素晴らしい基本性能ではないかと思います。
とはいえ、最新のツァイス銘の玉や、国産各社のアンチゴ-スト、アンチフレアを徹底したレンズともまた異なり、極僅かなフレアがノスタルヂーを誘います。

Re: 観覧車の精緻な描写に瞠目

charley944さん
お疲れです。

このレンズ気に入りましたよ。
これ一本でどっかへ行こうという気にさせてくれます。

フレアに関しては致し方ないところですが、他のレンズ程派手に出るわけでもなく良い感じですよ。

やはりFD/SSCに外しなし、ですね。

> おつかれさまです。
> 同じレンズで立て続けに3本とはよほど気に入られたのですね。
> ほぼ逆光条件で細い入り組んだ被写体である観覧車の鉄骨の一本一本が精緻に描き分けられているのは、とても素晴らしい基本性能ではないかと思います。
> とはいえ、最新のツァイス銘の玉や、国産各社のアンチゴ-スト、アンチフレアを徹底したレンズともまた異なり、極僅かなフレアがノスタルヂーを誘います。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。