スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のTouitPlanar32㎜が見た横浜山手西洋館群

さて、土曜日の撮影会、Distagonの次に使用したのはTouitシリーズの標準レンズ、Planar1.8/32*Tです。
このレンズ、絞り開放での評判はあまり聞かないですが、同じくらいの焦点距離でXF35/1.4Rがありますから、どうしてもそちらと比べると評価は下がるのかもしれません。
値段を考えると、マイナスイメージがつきやすいのは仕方ないでしょう。

さて、天気の良い横浜山手西洋館群をTouitPlanar32㎜はどう捉えたのでしょうか。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Touit Planar1.8/32*T(Full-OpenedAE)

TouitPlanar3218
上でも書いたように、Touitシリーズの標準レンズの割にあまりレビューが出てこないPlanar32mmなのですが、使ってみるとXF35㎜/1.4と比べてもそう悪くはないと思います。
とは言え値段が値段なので、XFは35㎜1.4であの値段であの写りなのに、と思われるのは致し方ないところ。
ZeissがTouitシリーズを続行してくれていればもうちょっと違った評価になったのかもしれませんね。

TouitPlanar3218と横浜山手西洋館群
1枚目は外交官の館の2階にある寝室の照明を一枚。
OVFとレンズの視点のずれを忘れて撮ったらこんな感じになりました。
Distagonですと広角なのでカバーできますが、標準レンズですとちゃんと枠の中に入れて撮影しないとこうなります。
普段X-Pro1を使う時に如何にEVF任せだったかがわかる一枚でした。

TouitPlanar3218と横浜山手西洋館群
2枚目は同じく外交官の家の2階の窓から差し込む陽光を一枚。
こういうシーンが撮れるのはこの家ならではなのでしょう。
晴れた日にまた撮りに来たいですね。

TouitPlanar3218と横浜山手西洋館群
3枚目は外交官の家の1階の居間の入口を一枚。
こういう装飾はこの時代ならではの物の様に思います。
最近の家では中々見られませんが、こういうオプションを住宅メーカーは用意しても良いのではないかなあと思った次第。

TouitPlanar3218と横浜山手西洋館群
4枚目は外交官の家の階段踊り場でJLCの会長が撮影していたので自分もTouitPlanar32㎜の前ボケ確認を兼ねて似た構図で撮影したもの。
自分の視点では中々こういう構図は撮影しないのですが、こうやって同行している方の撮影スタイルを見ていると勉強になりますね。
今度他の場所でもやってみようと思いました。

TouitPlanar3218と横浜山手西洋館群
最後は外交官の家一階のひな人形展示スペースに飾ってあったミニ雛人形をマクロモードで。
デジタルカメラならではの特徴ですが、X-Pro1もマクロモードの設定が出来るので、寄って撮影することも可能です。
通常のモードでは撮影が難しいこんなシーンもこの通り寄って撮れるという状況でした。

久々にTouitPlanar32㎜を使ってみましたが、マクロモードでの撮影が可能だったことを思い出したら大分使い勝手のいいレンズに変身しましたね。
もっと持ち出してあげようと思いました。

さてこの後はポートレート撮影も意図して持っていったXF56/1.2Rでの撮影結果を掲示します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前ボケの美しさは屈指!!

おつかれさまです。
いやぁ、4枚目のカットの着目点には目からウロコです、なんて自然なんだろう・・・あたかも自分の肉眼での視野内のオフフォーカス部を切り出したら、こんなカンジだろうなと疑似体験させてくれるような描写です。
それにしても、今回は前ボケを主体に構成されたのには感心致しました。
また、陽なたの白壁でフレアが出ないということを立証したのも有益ではないでしょうか。

Re: 前ボケの美しさは屈指!!

charley944さん
お疲れです。
このレンズも中々のものでしょ?
4枚目のカットはJLCのご隠居様が同じ構図で撮影されていたので、X-Pro1+TouitPlanar32mmならどう表現するのだろうかと撮ってみました。
Neorivateさんの撮影結果と比較しておけばよかったな。
あの方は手前側をぼかしたのか、それとも窓の外をぼかしたのか気になるところです。

ネオクラシックレンズなだけあって日向の白壁でも破綻なく撮影出来るのは流石だと思います。

おつかれさまです。
> いやぁ、4枚目のカットの着目点には目からウロコです、なんて自然なんだろう・・・あたかも自分の肉眼での視野内のオフフォーカス部を切り出したら、こんなカンジだろうなと疑似体験させてくれるような描写です。
> それにしても、今回は前ボケを主体に構成されたのには感心致しました。
> また、陽なたの白壁でフレアが出ないということを立証したのも有益ではないでしょうか。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。