スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のM-Rokkor28㎜が見た勝鬨橋の情景

さて、月島から築地に向かうため、勝鬨橋を通ります。
いつもは佃大橋側を通っているのですが、今回は築地市場が見える方を歩いてみました。
昨日世界ふしぎ発見で築地市場が昭和初期のモダン建築の粋を集めた建物の一つと紹介されていたので、勝鬨橋からの情景を見たくなった次第です、

1枚目:iphone5
2~6枚目:EPSON R-D1xG+MINOLTA M-Rokkor28mm/2.8(Full-OpenedAE)
※5枚目のみF11AE

M-Rokkor2828
古いレンズなので日射が強くなってくると鏡胴内の乱反射も起きやすくなるという弱点があります。
どこかで内部のレンズの材質を見直すとかして、日射の強い時でも鏡胴内の乱反射が減ってくれると日中持ち出すのも楽しくなるのですが。

M-Rokkor2828と勝鬨橋
1枚目はいつも築地から月島に行くときに通る橋からの眺めを一枚。
水門は今工事中の様ですが、今日の雨で水かさが増していたのか、テラスの最下段が水没してました。

M-Rokkor2828と勝鬨橋
2枚目は橋の反対側を一枚。
この景色だけ見ていると、街中に船があるという情景ですが、江戸時代の古地図なんかと重ねてみると、こういう船が多く集まる船着き場は交通の要所であったことがわかります。
こういう船着き場巡りも案外楽しいかも知れませんね。

M-Rokkor2828と勝鬨橋
3枚目はいつもと違う角度で撮った勝鬨橋を一枚。
大体いつものパターンだと、水上バスが来たのでそれを撮影するという感じなので、今回は勝鬨橋を撮ってみました。
こういう鉄骨構造も見てみると面白いですね。

M-Rokkor2828と勝鬨橋
4枚目はここだけ日射の強さで絞り開放だと白飛びしたのでF11まで絞った一枚。
一番奥に昭和10年代に建設された築地市場の事務棟があります。
内部は趣ある作りになっていたので、取り壊すよりも昭和モダン建築の勉強の場として残した方が日本の建築史的にも良い様に思いますけどね。
ああ、この土地をでかいマンション群にして住宅市場を活性化したい方々には余計な話でしたかね?

M-Rokkor2828と勝鬨橋
最後は築地市場勝鬨橋口の脇にある積み替え所を一枚。
今日は市場がお休みだったので、動きはありませんでしたが、市場が開いている日だと結構動くのでしょうね。

さて、勝鬨橋を歩くのも、いつもとコースを変えれば中々面白い発見がありました。
4枚目の様な景色は多分あと1年で終わるのでしょう。

ここをぶっ壊した後にどんな味気ない建物が建つのでしょうかねえ?

この後は築地場外市場の様子を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

絞ると別の風景みたい(笑)

おつかれさまです。
ここでも次々目の前に現れる風景や事物に上手く縦横を使い分けていて、その器用さに脱帽ですわね。
それにしても、4枚目の無限でのf11撮影では、改めて、こういう全景だったんだ、と新鮮な発見をさせて戴きました(笑)

Re: 絞ると別の風景みたい(笑)

charley944さん
お疲れです。
勝どき橋のこっち側はいつものコースだと通りませんからね。
たまには違うコースもありかなと。

築地市場のこの風景、あと1年以内で見納めですからねえ。
撮っておきませんと。

> おつかれさまです。
> ここでも次々目の前に現れる風景や事物に上手く縦横を使い分けていて、その器用さに脱帽ですわね。
> それにしても、4枚目の無限でのf11撮影では、改めて、こういう全景だったんだ、と新鮮な発見をさせて戴きました(笑)
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。