スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のM-Rokkor28㎜が見た月島の路地

本日は10時前に雨も上がったので、いつもクラレン連で使うコースとは逆に月島から築地場外市場に向かって歩いてみました。
佃島は14時に築地を離れることを考えると時間的に厳しかったので今日は割愛しました。

さて、雨上がりの月島をM-Rokkor28mmとR-D1xGの組み合わせはどう写したのでしょうか。

1枚目:iphone5
2~11枚目:EPSON R-D1xG+MINOLTA M-Rokkor28mm/2.8(Full-OpenedAE)

M-Rokkor2828
最初にGR1vから撮影を始めたこともあり、気が付くと28㎜1本だけで撮り歩くことが多いのです。
今日もそんな感じでした。
撮ってみて「何か広めだな」と感じたら寄れるときは寄る。
寄れなければ次回35㎜とか50㎜でも持ってくるか、で終わらせるという。
案外それくらいの感覚で撮る方が良いのかもしれません。
それでも雨上がりで強烈な日差しが入るようになると絞り開放では厳しいので、F5.6~F11くらいまで絞って撮影しないといけないのがR-D1xGの弱点なのかもしれません。
レンズサイズに合うNDフィルターでも導入しますかねえ?

M-Rokkor2828と月島
1枚目は有楽町線月島駅を出てすぐのもんじゃストリートでの一コマ。
丁度雨上がりの路面と自転車の金属感が良い感じに見えたので一枚行ってみました。

M-Rokkor2828と月島
2枚目はメインのもんじゃストリートからちょっと横道にそれたところを一枚。
この辺りは路地裏にももんじゃ屋とか牛もつ煮の店が出てくるので、ここだけで2時間は遊べそうですね。

M-Rokkor2828と月島
3枚目も月島の路地裏を一枚。
行く度に新たな発見もありますが、一方で「あれ、こここんな風景だったか?」となる個所もあります。
2020年のオリンピックに向けてまたぞろ整備されていくようですから、こういう風景もあと数年の命かも知れません。
案外豊洲市場開設に合わせて整備が始まるのかもしれませんし、クラレン連でもまた企画しませんとね。

M-Rokkor2828と月島
4枚目は一見ごみ屋敷に見えた建物があったので前に回ったら町内会の事務所があってびっくりした一コマ。
charley944さんやSKさんはじめ、ここを何度も歩いておられる方には今更な話ですけど、この建物の周囲は実はすべて駐車場に変わってます。
持ち主が代替わりしたのか売却したのかは不明ですが、徐々に空き地が増える月島であります。
また持ち主の無くなった建物がゴミ置き場に変わっている様な感じでもあるので、このまま行くとメインストリート以外のモルタルの建物や長屋はあっという間に消えてしまうかも知れませんね。

M-Rokkor2828と月島
5枚目はクラレン連メンバーならわかる電気屋の裏手であります。
ここもゴミ置き場になってから2年くらい経っているのでしょうか。
良く見ると、「中央区リサイクル推進事業」という保護シートがかけられてますので、もしかすると整備しなおして店として貸し出すのでしょうか?

M-Rokkor2828と月島
6枚目は月島の中央にあるランドマーク、戦前からある交番を一枚。
今は警察官は常駐してませんが、道案内の為の地元ボランティアの方が居られるようです。

M-Rokkor2828と月島
7枚目は交番建物の前で人を待つ女性を一枚。
どうも中で道案内を受けている方を待っている様でした。
確かにこの辺りは慣れないと迷いそうですからね。

M-Rokkor2828と月島
8枚目は前回訪れた際に見つけられなかった、月島にある鍛冶屋「左久作」の軒先を一枚。
見つからなかった理由はなんともアレですが、前回訪れた際に大きなリクガメを見かけた場所の反対側にあったのですよ、この鍛冶屋。
だから、リクガメに視点が集中していて、その他への注意がおろそかになっていたという、そんな落ちでした。
次回行った際は鍛冶屋独特の金属を打つ音が聞けるでしょうか。

M-Rokkor2828と月島
9枚目は鍛冶屋の隣の露地から歩いて行った先にあった、路地裏の不思議な建物を一枚。
妙な曲がり階段を上がった先にアパートがある様なのですが、階段には防犯装置がついていて、侵入者を拒む状況でした。
ここだけこういう装置をつけていて、階段脇にそのアナウンスまで白ペンキで書いてある情景というのは中々シュールなものがありました。時代でしょうかね。

M-Rokkor2828と月島
最後は日差しが出てきた月島の、路地裏にある歯医者の看板への日の差し込みが良い雰囲気だったので撮影した一枚。
この辺の路地裏は日の光の入り方ひとつで普段目にする建物が急にフォトジェニックなものに変わるので何度来ても飽きません。
こういうのを目にしていると、新興住宅地とか街並みを新しく整えた地区などは、撮る気にもならなくなってしまうので、いけませんねえ。

さてこの後は勝鬨橋を抜けて築地場外市場へと歩みを進めます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

目からうろこのコース選定とは

おつかれさまです。
うーん、確かにランチの都合を考えて、いつも築地スタートとしていましたが、そういった制約を度外視すれば、いつもとは違ったキブンで色々なカットで構成組めますね。
それにしても7枚目まではだいたい何処のポイントをどういう位置から撮ったか想像もつきますが、8,9,10枚目はちょっと思い当たらないという、新鮮な撮影行となりましたね♪

Re: 目からうろこのコース選定とは

charley944さん
お疲れです。
たまには逆コースも良いかなと。
新富町スタートで佃島~月島~築地ってコースもありだと思うのです。
でまあ、時間があるなら人形町に足を延ばしても良いかと。

築地で16時解散ってコースもありだと思う今日この頃であります。

>おつかれさまです。
> うーん、確かにランチの都合を考えて、いつも築地スタートとしていましたが、そういった制約を度外視すれば、いつもとは違ったキブンで色々なカットで構成組めますね。
> それにしても7枚目まではだいたい何処のポイントをどういう位置から撮ったか想像もつきますが、8,9,10枚目はちょっと思い当たらないという、新鮮な撮影行となりましたね♪
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。