スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のM-Rokkor28mmが見た大塚天祖神社付近の情景

さて、三業通りから歩みを天祖神社に進めます。
この辺りは旧巣鴨村の鎮守様ということなのですが、確かに歩いているとこちらの方が人通りも多く賑わっている感じでした。
門前町だったのでしょうか。
三業通りの方はお寺や住宅に囲まれていましたが、こちらは商業地的な雰囲気でした。

1枚目:iphone5
2~11枚目:EPSON R-D1xG+MINOLTA M-Rokkor28mm/2.8(Full-OpenedAE)
MRokkor2828
APS-Cですので、換算すると42㎜附近の画角になるM-Rokkor28mmであります。
まあ、40㎜附近ですと普段の視野とそう変わらないって話もありますので、見た感じで撮れる様にも思うところです。

M-Rokkorと大塚天祖神社
1枚目は三業通りから天祖神社に向かう途中にあったアパートの軒先を一枚。
紅いシャツが風になびく様子がノスタルジーを誘います。

M-Rokkorと大塚天祖神社
2枚目はこれも三業通りから天祖神社に向かう途中の道すがらにあったモルタルアパートを一枚。
再開発が進んでないからかこういう建物が大塚駅近くには沢山あります。
しかも道も細いというのに、ポルシェ・スパイダーやポルシェ・マカンが走っているという。

M-Rokkorと大塚天祖神社
3枚目は都電荒川線の線路沿いの通りに出てきたところ出くわした、専門学校生と思しき女子高生の行列を一枚。
ここで都電が来れば一枚の絵になったなあと思う次第。

M-Rokkorと大塚天祖神社
4枚目は行列を見送って5分くらいしたらやってきた都電を一枚。
今度荒川線沿いの散策もやってみたいですねえ。

M-Rokkorと大塚天祖神社
5枚目は天祖神社のシンボルであるイチョウの木を一枚。
B29の爆撃にも耐えたのだそうです。

M-Rokkorと大塚天祖神社
6枚目は天祖神社の絵馬を一枚。
黒い馬の柄なんですね。

M-Rokkorと大塚天祖神社
7枚目は歩みを天祖神社から大塚駅方向に向かった先に合った商店街を一枚。
狭い路地に魚屋があるというのも中々フォトジェニックなものがありますね。

M-Rokkorと大塚天祖神社
8枚目はその隣の路地にあった商店街を一枚。
こちらは菓子屋とかレストランが並んでました。
これから店を開ける串揚げやの店主の様子も見えましたねえ。

M-Rokkorと大塚天祖神社
9枚目は商店街を通り過ぎようとしたところ、都電の警笛が鳴ったので振り向きざまに撮った一枚。
とっさのことでしたけど、案外ピントは合うものですね。

M-Rokkorと大塚天祖神社
最後は商店街入り口から大塚駅を臨んだところを一枚。
さんもーる大塚という名称なのですね、この商店街。

今日はちょいと寝坊したので築地には行けなかったのですが、思いがけず大塚駅前の様子を散策できました。
まさか池袋から3分の場所に、玉ノ井・鳩の街に匹敵する下町風情の残る街並みがあるとは驚きですね。
あそこに行くよりもアクセスも良いですし、ちょいと足を延ばせば丸ノ内線新大塚駅や都電荒川線鬼子母神駅も近かったりするので、本郷三丁目菊坂通りの散策と合わせ技で歩くのも良さそうです。

さて、明日は雨が降ってなければ築地に行きましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに墨東地区と云われても判らないかも・・・

お疲れ様です。
それにしても、よく、東向島みたいな風景とかオブヂェを見つけてきますねぇ・・・
その嗅覚の鋭さには改めて感心してしまいます(笑)
しかし、今回の一連のカットで一番感心したのは、被写体、撮影位置に応じ、融通無碍に縦横を自在に切り替えているところですわね。
ずっと路地、裏道の写真が続いて、ぬっとモダンな電車のお頭が出て来たところなんか意表を突いていて、海外の撮影なんかでも使えそうな構成プランですね。

Re: 確かに墨東地区と云われても判らないかも・・・

charley944さん
御疲れです。
この辺りはNHKBSの東京DEEPで特集組んでいたのと、写真展会場の奥が「現役の花街」と紹介されていたのでピンときました。
案外都電の一日乗車券でも買って、鬼子母神から大塚経由荒川ってコースもアリなんじゃないかと思いました。

或は本郷三丁目菊坂通りから新大塚経由大塚駅前から都電で鬼子母神に向かうとか。

そういう散策もありかなと思うのですよ。

> お疲れ様です。
> それにしても、よく、東向島みたいな風景とかオブヂェを見つけてきますねぇ・・・
> その嗅覚の鋭さには改めて感心してしまいます(笑)
> しかし、今回の一連のカットで一番感心したのは、被写体、撮影位置に応じ、融通無碍に縦横を自在に切り替えているところですわね。
> ずっと路地、裏道の写真が続いて、ぬっとモダンな電車のお頭が出て来たところなんか意表を突いていて、海外の撮影なんかでも使えそうな構成プランですね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。