スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のFD35/2.0SSCが見た旧吉田茂邸庭園

旧安田邸を後にして、一路旧吉田茂邸に向かいました。
こちらも大磯町内で有名な施設の一つです。

邸宅は何者かに放火され全焼したらしいのですが、七賢堂やビニール温室、鳥小屋などは今も残っています。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CanonFD35/2.0SSC(F2.0AE,JPEG圧縮)

FD3520SSC
レンズを換装して吉田邸を撮影に。
Cine-Xenonで続行しても良かったのですが、折角持ってきたので使わないとなと。
安定した映りは流石キヤノンですね。
あ、安田邸を撮るときこのレンズにすればよかったかなあ?

FD3520SSCと旧吉田邸
1枚目は旧吉田邸の入り口にある兜門を一枚。
かなり手の込んだ作りで横には武者窓もありました。
往時の雰囲気をしのぶことが出来ますね。

FD3520SSCと旧吉田邸
2枚目は庭園内の池に置かれた佐渡の赤石を一枚。
今はこの佐渡の赤石、掘り出すことが出来ないそうで新潟県が「渡せ」と直談判に来たこともあるのだそうです。
無茶言っているんじゃないと思うのですけどねえ。

FD3520SSCと旧吉田邸
3枚目は七賢堂の入り口を一枚。
こちらも年1回清掃の為解放されるのだとか。
吉田茂さんや原敬さん、西園寺公望さん、伊藤博文さん、山縣有朋さんを初めとする歴代総理7名が祭られているのだとか。こちらもタイミングが合えば開放デーに見に来たいですね。

FD3520SSCと旧吉田邸
4枚目はサンフランシスコを臨む吉田茂さんの立像を一枚。
吉田茂さんの像はここと高知県、あと北の丸公園にあるそうですが、北の丸公園だけは外交官時代の洋装の立像なのだそうです。でも吉田茂さんのイメージは和服に杖、そして葉巻ですよね。

FD3520SSCと旧吉田邸
最後は兜門を庭園側から一枚。
ここは元々砂利道だったそうですが、今上天皇が美智子様とご成婚された際に吉田茂邸に挨拶に来ると言う事で、わざわざ車を入れられる様に舗装しなおしたのだそうです。
しかし、今上天皇は来るまでは入らず美智子様と歩いて兜門をくぐられたそうでした。
この舗装が最初に使われたのは、今上天皇訪問の翌年、吉田茂さんが亡くなられた際にその亡骸を載せたお車が出るときだったそうです。

初めて行ってきましたが、旧吉田邸も見どころが多くて半日いても飽きない感じでした。
大磯駅からは距離がありますので、駅を降りたらバスで城山公園に向かうとすぐ近くです。

さて、来週はどこへ行きましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全般的にはもうちょいアンダーで撮った方が吉?

おつかれさまです。
ちょっとコントラストが低いというか、全般的に白っぽいのが個人的にはやや残念です・・・というか、Zeissのベタ~と濃いめの発色に馴れちゃうと、見た目の忠実な記録色を見ると、ちょいと眠く見えてしまうのやも知れません(苦笑)
ただ、二枚目みたいに総体的に照度が低めなところでの心地よいコントラスト、そして全カットに共通する解像感、そして画面全体に亘る画質の均質性はやはりたいしたものです。

Re: 全般的にはもうちょいアンダーで撮った方が吉?

charley944さん
御疲れです。
この時間丁度日差しも強くなってましたから、フードつけても光がマシマシになってしまうのは致し方ないかなと。
それでもCanonFDSSCレンズの解像感や画質の良さは流石と言うところでしょう。
ND2フィルターでもつけて撮影でしょうね、これからの時期は。

> おつかれさまです。
> ちょっとコントラストが低いというか、全般的に白っぽいのが個人的にはやや残念です・・・というか、Zeissのベタ~と濃いめの発色に馴れちゃうと、見た目の忠実な記録色を見ると、ちょいと眠く見えてしまうのやも知れません(苦笑)
> ただ、二枚目みたいに総体的に照度が低めなところでの心地よいコントラスト、そして全カットに共通する解像感、そして画面全体に亘る画質の均質性はやはりたいしたものです。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。