スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のBALTAR50/2.3が見た長谷と鎌倉

SDカードが満杯になったので、カードを交換しつつレンズも50㎜BALTARに付け替えました。
江の島撮影の後は長谷を歩くというスケジュールだったので、50㎜位の焦点距離の方が集中できるかなと思ったのであります。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~10枚目:LeicaM9+BAUSCH&LOMB BALTAR50/2.3(F2.3AE,JPEG圧縮)

BALTAR5020
久々登場のBALTARです。
前回の登場が2014年の1月ですから、1年以上出てなかったということで。
Neptune.Opt.Coも閉店してしまったらしいですし、時の流れを感じますね。

BALTAR5020と長谷鎌倉
1枚目は江ノ電江ノ島駅ホームで電車を待つ少年を一枚。
たまたま向かい側から出た江ノ電を撮影していたところ、少年がこっちを振り向いたので、すかさずピントを少年に合わせての一枚です。
「これ撮れたから今日はもういいや(^◇^)」と思った次第。

BALTAR5020と長谷鎌倉
2枚目は長谷寺参道入り口の写真館の軒先に飾られた使い捨てカメラの飾りを一枚。
なんてことない普通の使い捨てカメラも、こうすると趣あるオブジェに早変わりですね。

BALTAR5020と長谷鎌倉
3枚目は鎌倉大仏殿手前の手水場で泣きながら父親に肩車されるフランス人の少年を一枚。
泣いている理由は不明でしたが、転んだのでしょうか、肘とか擦りむいた様な痕を撮影後にみかけました。

BALTAR5020と長谷鎌倉
4枚目は大仏殿の坐像ふもとで座るフランス人の少年を一枚。
これも最初は奥の親子連れを撮る予定だったのですが、少年がこちらに振り向いたので急遽ピント調整を。
RFはこう言う時意図を反映させやすいので助かります。
その分こういう撮影ツアーの後はそりゃもう目とか首とかが痛くなるのですが。

BALTAR5020と長谷鎌倉
5枚目は長谷大仏裏手のお地蔵様をBALTARでも一枚。
charley944さんとこのこの写真と比べると、レンズの色合いやカメラのエンジンの違いも見えて面白いと思いますよ。
うーん、もっと私も寄るべきだったなあ。
この辺りから足がだるくなってきて、あまり寄った撮影をしなくなっているのが、撮影結果に出てますね(笑)

BALTAR5020と長谷鎌倉
6枚目は鎌倉大仏を後にして、長谷寺に向かう途中の小路から出てきた、フードのないメッサーシュミットKR200の様なバブルカーを一枚。
犬を連れた粋なおじさんが長谷の街をこのバブルカーで走る姿がかっこよかったのであります。
かなりちゃんと手入れしている様でしたね。
こういうクルマを見かけるのも古都鎌倉ならではかもしれません。

BALTAR5020と長谷鎌倉
7枚目は長谷寺のアジサイを一枚。
まだシーズンには早いですが、咲き出してますね。
あと2週間もすれば満開になるのではないでしょうか。
そうなると長谷寺には長蛇の列ができるのでしょうね。
きっとアジサイ見るのに2h待ちとか、TDLのアトラクション並の行列が出来そうです。

BALTAR5020と長谷鎌倉
8枚目は古民家スタジオイシワタリさんの玄関前に飾られた売り物の服を一枚。
charley944さんも同じように撮ってますね。
全景で撮るより寄った方が良かったかな?

BALTAR5020と長谷鎌倉
最後は鎌倉に移動してCafeミルクホールの辺りを撮影しましたので、看板を一枚。
この辺りでM9に入れた2枚目のSDカードが満杯になったので、この日の撮影はこれで終了しました。

それにしても、しばらく歩いていないと長谷も大きく様変わりしますね。
井上蒲鉾店さんは「惣・井上」という店を出されてましたし、ポップオーバーを販売する鎌倉マルシェUNというお店もできてました。
また時々X-Pro1とかM9片手に歩くとしましょう。

さて、来週は何を撮りに行きましょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1,4枚目に瞠目

おつかれさまです。
今回の湘南ツアーは期せずして、南蛮人の家族連れが多くて、スナップらしい、スナップが心行くまで撮れ、なかなか宜しかったですね♪
特に1枚目と4枚目、国籍は違えども、やはり、童子というものは同じく頑是無いものだと、改めて思いました。
五枚目のグルグルも面白いですが、自覚されている通り、やはりあと3歩は寄った方が主題がはっきりしたと思います。

Re: 1,4枚目に瞠目

charley944さん
御疲れです。

やはり海外の観光客の方はマナーもしっかりしてますし、敬意を以て観光に来てますから雰囲気良いですね。
江の島より多かったのは、箱根の影響もあるのかなと思いましたが。
地蔵はね、もう疲れていたのですよ。
特に足の小指が痛くなりまして。
普段サンダル履きだったのが災いしましたね。
次回は晴れていたらサンダル履きで行こうかなあ。

> おつかれさまです。
> 今回の湘南ツアーは期せずして、南蛮人の家族連れが多くて、スナップらしい、スナップが心行くまで撮れ、なかなか宜しかったですね♪
> 特に1枚目と4枚目、国籍は違えども、やはり、童子というものは同じく頑是無いものだと、改めて思いました。
> 五枚目のグルグルも面白いですが、自覚されている通り、やはりあと3歩は寄った方が主題がはっきりしたと思います。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。