スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のGR28㎜が見た亀戸天神藤まつり

本日はGW初日ということもあって、借り上げ寮の掃除を早々に終わらせて、亀戸天神の藤まつりを見に行ってきました。
お供はM9とGR28㎜、T2Sonnar、Summicron50mmの3本ということでしたが、終わってみればSummicron50㎜は使わずに終わりました。
T2Sonnarって使い勝手良いのですよね。ちょっと広めの50㎜みたいなもので。
そんなわけで、まずは亀戸天神の藤まつりから。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~10枚目:LeicaM9+RicohGR28mm/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)
GR2828
GR28㎜に関しては、色々とバックストーリーが膨れ上がって一つのブランドを形作ってますね。
コンパクトデジタルカメラで単焦点かつ28㎜の広角レンズを搭載ということで、APS-Cサイズの画像素子を搭載したGRも発売されてます。
元々はBiogon28㎜を国産で作れないかって話から始まった、なんてこともまことしやかに語られてますが、さて真相はどうなんでしょうか。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
1枚目は亀戸天神正門の一つ目の太鼓橋から撮ったもの。
GW初日ということもあって、結構な人出でした。
藤の花も満開で咲き誇ってます。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
2枚目は同じく一つ目の太鼓橋からスカイツリー方向を一枚撮ったもの。
スカイツリーまではバスで20分くらいで行けることもあって、結構近くに見えましたね。
こういう情景がみられるのも都内散策の面白味の一つです。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
3枚目は藤棚を一枚。
丁度見ごろになってましたが、この暑さでは週末がピークになるでしょうね。
GW連休の最後の方ではドライフラワーになっていたりして?

GR2828と亀戸天神の藤まつり
4枚目はiphoneで藤棚を撮影する観光客を一枚。
当世、コンパクトデジタルカメラはその席をスマートフォンに明け渡してきてますね。
デジタル一眼やハイエンドコンパクトデジタルカメラで撮られている方も結構おられましたが、手軽に撮影するツールとしてはもうスマートフォンがその位置にある様です。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
5枚目は苦心した藤の色が何とか出た一枚。
紫というか藤の花の色はデジタルで撮る時にはなかなか見た感じの色になりません。
これも彩度を何度か調整して露出パターンもかなり変えたうちの一枚です。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
6枚目は参道の行列が停滞したところで藤棚を一枚撮影したもの。
これは何とか藤の色が出たのですが、その分空の色が飛んでしまってます。
感度を80くらいまで下げればまた違ったのかもしれませんね。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
7枚目は藤棚の下で記念撮影をする女性を一枚。
参道の行列が停滞する時には必ずどこかしらで記念撮影が行われてます。
まあお互い様なんで皆さん譲り合って撮影してますね。
この辺りから徐々に日差しも出てきました。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
8枚目は参道の行列からいったん離れて手水場で手や口をゆすぎ戻ってきた祖母と孫を一枚。
元気に歩くお孫さんと、心配そうに後からついていくおばあちゃんというシーンはこういう場所でしか目にしないですねえ。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
9枚目は参道がいよいよ天神様に近づいたところで前の方にいた親子連れがひょいと子供をだっこしたので一枚撮ったもの。
子供が小さい分、こうでもしないと前が見えなくて子供は不安になりますからね。
こういうのも参道行列によくあるシーンです。

GR2828と亀戸天神の藤まつり
最後は珍しく日本髪を結い着物を着た女性とそのご主人を一枚。
藤棚をバックに携帯でツーショットを撮るなど仲が良さそうでした。
そう言えばこの方々以外にも着物を着て日本髪を結った女性が数名歩いておられましたが、もしかすると奥舞台の演目で琴を演奏されていた方なのかもしれませんね。

初めての亀戸天神でしたが、人が多いうえに参道も細い状況ではありましたが、見どころはかなりありました。
藤の時期が有名みたいですけど、その他の時期にもイベントがある様なので、また行って見ようと思いました。

亀戸天神を後にして、さてどうするかと考えていた時に丁度目の前に谷中経由上野公園行のバスが来たので、谷中に向かうことにしました。
さて、谷中の情景についてはこの後の更新で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回は和風テイスト炸裂で浮世絵チックでもあり。

おつかれさまです。
いやはや、自分のM8で撮った800枚超のカットを確認してからの貴M9の画は全く別物に見えてしまうから不思議です。
ただ、脳内変換で、彩度とコントラストをちょいと落としてやれば、細くて解像感の強い、輪郭、線の描写の仕方などに類似性が見て取れます。
しかし、藤の花が画面に広がるだけで、和風テイスト炸裂で、こと2枚目や4枚目なぞは、今の写真をお絵描き風にデフォルメする修整ソフトでも使えば、まさに浮世絵ばりの風景描写ではないかと思いました。

Re: 今回は和風テイスト炸裂で浮世絵チックでもあり。

Charley944さん
お疲れです。
彩度とコントラストを限界まで上げてましたからねえ、この日の撮影では。
ただ、これもレンズとの相性で映りが変わる様なので、セッティングは色々試行錯誤が要りますね。
浮世絵風な和風テイスト、という見え方になりましたか。
今回の撮影はその方向で良かったのでしょうね。

> おつかれさまです。
> いやはや、自分のM8で撮った800枚超のカットを確認してからの貴M9の画は全く別物に見えてしまうから不思議です。
> ただ、脳内変換で、彩度とコントラストをちょいと落としてやれば、細くて解像感の強い、輪郭、線の描写の仕方などに類似性が見て取れます。
> しかし、藤の花が画面に広がるだけで、和風テイスト炸裂で、こと2枚目や4枚目なぞは、今の写真をお絵描き風にデフォルメする修整ソフトでも使えば、まさに浮世絵ばりの風景描写ではないかと思いました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。