スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日のM-Rokkor28mmが見た旧玉ノ井町と鳩の街

さてクラレン連撮影会、午後は森下から足を延ばして旧玉ノ井町と鳩の街に行ってきました。
X-Pro1にはTouit2.8/12*Tを装着しましたが、R-D1xGにはM-Rokkor28mmを付けました。
さて、換算40㎜前後のM-Rokkor28mmは旧玉ノ井町と鳩の街をどう捉えたでしょうか。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:EPSON R-D1xG+MINOLTA M-Rokkor28mm/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

M-Rokkor28mm
換算42㎜とは言え、R-D1xGで使うならファインダーでセレクトできる最大広角レンズとなる28㎜であります。
設計年次の古さは否めませんが、使い方や光の回り方次第ではまだまだ現役で使えるというのがすごいですね。
メーカーはもうなくなってしまいましたが、当時の技術は未だ健在というところです。

M-Rokkor28mmと旧玉ノ井町と鳩の街
1枚目は東向島駅沿いにある古い住宅の玄関に咲いた花を70cmまで近づいて撮影したもの。
桜はシーズン終わりましたが、これからはこういった花の季節なんでしょうね。

M-Rokkor28mmと旧玉ノ井町と鳩の街
2枚目はクラレン連で旧玉ノ井町に来たら必ず寄る古びたアパートの側面の窓にかかった風鈴と支線を一枚。
奥にcharley944さんが見えますね。
この建物、いつまで残ってくれるか気になります。

M-Rokkor28mmと旧玉ノ井町と鳩の街
3枚目は鳩の街に移動して、奥にある古民家喫茶こぐまの近くにある昔の遊郭跡を一枚。
もう人が住んでいないのか手入れされてない窓枠が痛む一方です。
これも仕方ないのでしょうね。

M-Rokkor28mmと旧玉ノ井町と鳩の街
4枚目は鳩の街商店街の夕暮れ時を一枚。
部分的に点灯した提灯がもの悲しさを誘います。
多分昔は栄えていたのでしょうけど、今はこんな感じです。

M-Rokkor28mmと旧玉ノ井町と鳩の街
最後は日も暮れた鳩の街の路地裏を歩きながら目の前に見えたスカイツリーを一枚。
ランドマークとしても秀逸なスカイツリーですが、その足元の町の歴史は今急速に消えつつあるのかもしれませんね。

さて、今回のクラレン連での撮影結果はこんなところでいったん終了。
来週は何を撮りに行きましょうかねえ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

老いてなお盛ん・・・の感アリ

おつかれさまです。
4、5枚目に尽きると思いますよ、このレンズの魅力は。
なんか見てると、懐かしさとか、温かい気持ちになりますもん。
それにしても、こういう昔の街を昔のレンズで撮るって、とっても粋な大人の遊びぢゃないかっていつも思いますね。

Re: 老いてなお盛ん・・・の感アリ

charley944さん
お疲れです。

そうですねえ、M-Rokkor28mmの魅力は4~5枚目に出ているのかもしれません。
今こういうレンズを作れと言われても多分コストの関係で無理でしょうね。
また、R-D1xGで撮るからこの色合いになるのかもしれませんし。
昔ながらの町並みをオールドレンズで撮るって粋な遊びなんでしょうねえ。

> おつかれさまです。
> 4、5枚目に尽きると思いますよ、このレンズの魅力は。
> なんか見てると、懐かしさとか、温かい気持ちになりますもん。
> それにしても、こういう昔の街を昔のレンズで撮るって、とっても粋な大人の遊びぢゃないかっていつも思いますね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。