スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日のCOLOR-SCOPAR35㎜が見た隅田川沿いの芭蕉像など

さて、クラレン連春の撮影行第三弾はR-D1xGとCOLOR-SCOPAR35㎜の組み合わせでの撮影結果を。
この日は途中からある程度晴れてきたのでちょいと露出が難しくなりました。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:EPSON R-D1xG+VOIGTLANDER COLOR-SCOPAR35mm/2.5(F2.5AE,JPEG圧縮)

COLOR-SCOPAR35㎜
R-D1シリーズとカラースコパー35㎜の組み合わせは所謂標準レンズの組み合わせみたいなものかなあと思うのです。
コンパクトで使いやすく写りも良い。とりあえずこのレンズだけ持っていればR-D1シリーズで満足できる写真が撮れる、そんな気がします。

COLOR-SCOPAR35㎜と芭蕉像など
1枚目は清澄庭園入口の竹水道を一枚。
80cmくらいのところで先端部にピントを合わせて撮ってみました。
水の流れがうまく見えましたね。

COLOR-SCOPAR35㎜と芭蕉像など
2枚目は清澄庭園の奥にある桜庭園にて八重桜を70cmの距離で一枚。
R-D1シリーズの場合最短距離が70cmになるのですが、丁度良い感じに撮影出来ました。
中央、葉の上に落ちた花びらがアクセントになってます。

COLOR-SCOPAR35㎜と芭蕉像など
3枚目は清澄庭園を後にして隅田川に向かう途中の小料理屋にて、祖母と話していた野球少年がこれから練習に出かける様子を一枚。
雨も上がりましたが、グランドはぬかるんで泥だらけになって帰ってくるのでしょうね。

COLOR-SCOPAR35㎜と芭蕉像など
4枚目は隅田川沿いにある芭蕉像を横から一枚。
この辺りは芭蕉所縁の地、なのだとか。
芭蕉像は悠然と隅田川を眺め続けます。

COLOR-SCOPAR35㎜と芭蕉像など
最後は隅田川を通りかかった観光船ミライを一枚。
丁度この辺りはライン川に見立てた景色を見られるとして名所になっている様ですね。
そう言えばクラレン連で川沿いを歩くときは必ずこのミライに出くわしますね。

35㎜/2.5カラースコパーを使って午前中いっぱい撮影を続けました。
清澄庭園や隅田川沿いを歩くのであれば、換算50㎜前後のレンズで撮るのが良い様ですね。
また来たいと思いました。

さて、この後はR-D1xGと28㎜M-Rokkorで撮影した旧玉ノ井町と鳩の街を掲載します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

至近距離での質感描写が凄い!

おつかれさまです。
よくよく思い出してみれば、Lマウント時代の距離計非連動のヤツを一本持ってて、開放で撮れないので叩き売ってしまったことを思い出しました。
それにしても、一枚目の水流しかり、二枚目の花弁しかり、四枚目の芭蕉のつるつるになった青銅の頭しかり、至近距離での質感描写が凄まじく、こんなので妙齢の女性なんか至近距離で撮ったら、相当嫌がられるんぢゃまいか、とか妄想しほくそ笑んでしまいました。

Re: 至近距離での質感描写が凄い!

charley944さん
お疲れです。

このレンズ、実は至近距離でこそ威力を発揮するレンズではなかろうかと思うのですよ。
遠景だとどこにでもありそうな感じに映るのですが、近距離になると途端に色合いとか質感とかが群を抜く様なイメージに。
ポートレートと言うよりはドキュメンタリー向けのレンズかもしれませんよ。

> おつかれさまです。
> よくよく思い出してみれば、Lマウント時代の距離計非連動のヤツを一本持ってて、開放で撮れないので叩き売ってしまったことを思い出しました。
> それにしても、一枚目の水流しかり、二枚目の花弁しかり、四枚目の芭蕉のつるつるになった青銅の頭しかり、至近距離での質感描写が凄まじく、こんなので妙齢の女性なんか至近距離で撮ったら、相当嫌がられるんぢゃまいか、とか妄想しほくそ笑んでしまいました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。