スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のM-Rokkor28㎜が見た真鶴枝垂桜

本日は曇天時々雨の天候の中、真鶴まで足を延ばして枝垂桜を見てきました。
駅前にしか駐車場がないので、城址公園内の枝垂桜を見るには、車を駅前に止めて歩くしかないのですが、駅から250m程度の距離なので、それほど歩かずに済みました。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:EPSON R-D1xG+MinoltaM-Rokkor28mm/2.8(F2.8AE,JPEG圧縮)

M-Rokkor28mm
昨日の組み合わせをそのまま持ち出したのですが、枝垂桜の植わった城址公園内は桜が密集しており、38㎜T2Sonnarよりも28㎜M-Rokkorの方が合っていたようです。

M-Rokkor28mmと枝垂桜
1枚目はミラーレス機のマクロモードで枝垂桜を接写しようとするお父さんとその子供を一枚。
お父さんは撮影に夢中で子供をあまり見ていなかったのか、この後子供が転倒して泣き出したようです。
あまり撮影だけに夢中になってもいけませんね。

M-Rokkor28mmと枝垂桜
2枚目はその奥様と二人の子供が枝垂桜を眺める様子を一枚。
中央の池の先には竹林があり、枝垂桜ごしの竹林と言うのも良い長めでした。

M-Rokkor28mmと枝垂桜
3枚目は枝垂桜をアップで一枚。
ソメイヨシノとは種類が違うようですね。
こちらの枝垂桜も昨日一昨日辺りがピークだったようです。
若葉が出始めている枝もありましたから、そろそろ散りだすのでしょうね。

M-Rokkor28mmと枝垂桜
4枚目は2枚目に出てきた黒いパーカーの子供を一枚。
枝垂桜を撮っていたらポーズをつけたので、瞬時に一枚撮影しました、
38㎜の方が良かったかもしれませんが、これはこれで良い写真になったのではないかと。

M-Rokkor28mmと枝垂桜
最後は帰り際に城址公園内に咲いていたシャクナゲを一枚。
枝垂桜を見た後だと鮮やかな赤が目に焼き付きます。

あいにくの曇天でしたがちょっと足を延ばせば真鶴とか湯河原にも見る場所はあるようですので、今後開拓してみようかな。

さて、来週は何を撮りに行きましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昼の顔はやはり秀逸

おつかれさまです。
AWBが???の夜間の人工光下での撮影から一転、昼間の撮影では、R-D1xの記憶色での描写とも相俟って、とても印象的な作画となっています。
コーティングの色はそれこそ煤けたような地味な色合いですが、それとは反して、一番最後のカットをはじめとして、花の赤系統の色が印象的です。

Re: 昼の顔はやはり秀逸

Charley944さん
お疲れです。
R-D1xGは昼間に使う分にはまだやれる、そんな結果でした。
花の色をうまく増幅させているなと言う気がしました。
またどっかのメーカーでR-D1シリーズの後継機を作ってくれませんかねえ。
昨日の撮影会でもシャッターを巻き上げながら使うという行為が撮影意欲を高めていましたので。

> おつかれさまです。
> AWBが???の夜間の人工光下での撮影から一転、昼間の撮影では、R-D1xの記憶色での描写とも相俟って、とても印象的な作画となっています。
> コーティングの色はそれこそ煤けたような地味な色合いですが、それとは反して、一番最後のカットをはじめとして、花の赤系統の色が印象的です。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。