スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のNoctonClassic35/1.4SCが見た横浜中華街

昨日はあいにくの雨だったので、本日夕方仕事場への帰りがけに横浜中華街に寄ってきました。
お供はいつものR-D1xGですが、レンズは久々の35/1.4SCにしました。
丁度フードも入手したことですし、雨上がりの夕暮れ時、横浜中華街をどう写したでしょうか。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:EPSON R-D1xG+NOCTONClassic35/1.4SC(F1.4AE,JPEG圧縮)

ノクトンクラシック3514
R-D1シリーズの標準レンズと言えば、この前出したColor-Scopar35/2.5P2になるかと思うのですが、これはその上位機種。開放1,4まで行きます。
さて、夕暮れ時の横浜中華街をどう写したでしょうか?

ノクトンと横浜中華街
1枚目は石川町から中華街メインストリートに入る途中の点心屋の店先。
肉まんを買った親子が店先で頬張る姿がよさげで一枚押えました。

ノクトンと横浜中華街
2枚目はメインストリートと関帝廟通りの間にある点心屋の店先を一枚。
この時間になると、寒さが増してくるのでこういう点心類が売れるようですね。

ノクトンと横浜中華街
3枚目は関帝廟の入り口を一枚。
一人しゃがんで何かしら見ている男性がいました。
おみくじでも引いたのでしょうか。

ノクトンと横浜中華街
4枚目は関帝廟通りとメインストリートをつなぐ路地裏での一コマ。
これから夕飯時と言うことで、蒸しあがった麺を箱に担いで店に急ぐ店員さんの姿を捉えました。
こういうシーンはなかなか出くわさないのですよね。

ノクトンと横浜中華街
最後は関帝廟通りと媽祖廟通りを繋ぐ路地の占い屋の店頭を一枚。
お母さんがメインで占ってもらってましたが、子供たちは飽きて仕方ない様子。
中央の男の子は占い師のおじいさんに話しかけてもらってうれしそうでしたが、向かって左側のちょっと年上のお姉さんは興味がないのかひたすら出店のラーメンを食べてました。

今日は1時間ほど回って80カット程撮影。
いつものX-Pro1と違って露出をばらしたりカラーブラケットで撮ることが出来ないので、考えながら巻き上げて撮るという、通常のフィルムカメラと同じような撮影になりました。
多分X-Pro1とかM9なら240カットは行ったのでしょうけど、これはこれで良いかなと。

多少顔なじみになった店で早めの晩飯にしたのですが、食事が終わって支払いをしようとしたところ、おかみさんが店の前でお小言を店頭のカップルに言っていた様子。
聞いてみると、「数年前に隣にできた点心屋の客がこっちの店頭まで伸びてきて買った点心を食べていたり、点心を買うために並んでいて、こっちの店に入ろうとする客を邪魔して困る。これまでは穏便にしていたけど、もう我慢できなくなったので1か月前から問答無用で店の客じゃない人には注意するようになったの。この手の点心屋は色んなところに出店するし、他の店と仲良くしようって気配がないから古くからある店は本当に困っているの」という話でした。
自分はあまり点心屋に行く気がしないので、これまで気にしてませんでしたが、店を出た後観察していると確かに至る所で点心屋の軒先からはみ出した客が関係ない店の前で春巻きやら肉まんやらを食べているのですね。
中国の観光客かそれとも日本人かは不明ですが、関係ない店の前で物を食うなって習ってないのですかねえ。
この辺りも今後中華街を撮る際のキーポイントにしてみましょう。

さて、来週はどこを撮りに行きますかねえ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

濃めの発色ととろりとした空間描写がグー♪

お疲れ様です。
この五枚のカットとも、赤、黄、緑という原色がとても高い彩度とコントラストで非現実的にブーストされ、この中華街の「ハレ」の場所という位置付けをより強調してくれますね。
また、こういう創作的な描写でありながら、最後のカット中央の爺さんの白髪頭付近でのシャープさ加減が目を惹きます。

Re: 濃めの発色ととろりとした空間描写がグー♪

Charley944さん
お疲れです。

この組み合わせと中華街の色合いからすると夕暮れ時以降が一番映える様な気がしますね。
色のブーストのかかり方も良いですし。
最後のカットは丁度占い館で母親が占い師に相談していて、二人の子供が待っているという構図だったのですが、男の子と女の子の態度の違いと占い師の笑顔が気に入って撮りました。
こういうシーンも中華街の魅力の一つかなと。

> お疲れ様です。
> この五枚のカットとも、赤、黄、緑という原色がとても高い彩度とコントラストで非現実的にブーストされ、この中華街の「ハレ」の場所という位置付けをより強調してくれますね。
> また、こういう創作的な描写でありながら、最後のカット中央の爺さんの白髪頭付近でのシャープさ加減が目を惹きます。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。