スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のColor-Scopar35mmが見た御殿場とらや茶寮

とらや茶寮で一服しつつレンズを交換。
W-Nikkorと同じ35/2.5でさて違いは出るのでしょうか?

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:EPSON R-D1xG+VOIGTRANDER COLOR-SCOPAR35mmF2.5P2(F2.5AE,JPEG圧縮)

カラスコ3525
コンパクトで使いやすいパンケーキレンズとしてのカラースコパーですが、映りも良いので重宝してます。
下手に高いレンズを買って曇りがひどくてがっかりするくらいなら、こういう安くて良いレンズを買って差額でどこかに出かけてガンガン撮影する方が上達すると思いますよ。
シャッター音が聞ければいいとか、フィルムが勿体ないとか、私は撮るより批評する方がメインです、と言う方はその限りでありませんが。

カラスコ3525ととらや茶寮
1枚目はとらや茶寮の庭園の雨にそぼ濡れる様子を一枚。
手前向かって右側の茶色い葉っぱにピントを合わせてみたのですが、奥の梅にも焦点が合っている感じです。
F2.5だとこんなものでしょうかね。

カラスコ3525ととらや茶寮
2枚目は雨の中茶寮に向かって歩く親子連れを一枚。
楽しそうに歌いながらやってきました。
こういうのに出くわすのも、この茶寮を訪れる楽しみの一つです。

カラスコ3525ととらや茶寮
3枚目は庭園内の樹木に生えたコケを一枚。
びっしりと生えてますが、樹木には影響ないのでしょうか?

カラスコ3525ととらや茶寮
4枚目はW-Nikkorでも撮影した茶寮入り口の門を一枚。
やはり現代レンズだけあってコシナレンダーの方がはっきり写ってますね。
この辺りは好みと言うところでしょうが、W-Nikkorもこれを見る限りクラシックレンズと言って差し支えなさそうです。

カラスコ3525ととらや茶寮
最後は霧が迫る茶寮前の道を一枚。
この後車に乗り込んだら雨音が激しくなってきました。
こういう天気の時の山間は急な雨にたたられることもありますから要注意ですね。

今回、折角の35/2.5による対決と思ったのですが、予想を超える雨で不発に終わりました。
今度色彩豊かな中華街でやってみましょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安定感有る描写ですわな♪

おつかれさまです。
ホント、R-D1系列って、このColour-Scopar35mmf2.5を使うために設計されたんぢゃないかって思うことがこれまでもたびたびありましたが、明らかに他のコシナ製ヴォイクトレンデルのレンズよりマッチングが宜しい気がします。
1枚目の梅林も、最後のカットの山のスカイラインの無限遠景も、開放から解像力、画面全体の均質性、そして心地よいコントラストとヌケ・・・
まさにクセの有る玉を至上とするクラシックレンズ(原理主義的?)愛好家各位からは嫌われてしまいそうな優等生的描写ですよね。

Re: 安定感有る描写ですわな♪

Charley944さん
お疲れです。
組み合わせだけ言えばカラースコパー35/2.5P2で撮るのが一番無難だなと言う気がします。
かさばりませんし。
きっちり撮れる分不安定さには欠けるわけですが、R-D1シリーズの良さを引き出すならこのレンズがあれば良いのではないかとも思うところです。
35/1.4SCと組み合わせるとどうなるかも試してみたいですけどね。

> おつかれさまです。
> ホント、R-D1系列って、このColour-Scopar35mmf2.5を使うために設計されたんぢゃないかって思うことがこれまでもたびたびありましたが、明らかに他のコシナ製ヴォイクトレンデルのレンズよりマッチングが宜しい気がします。
> 1枚目の梅林も、最後のカットの山のスカイラインの無限遠景も、開放から解像力、画面全体の均質性、そして心地よいコントラストとヌケ・・・
> まさにクセの有る玉を至上とするクラシックレンズ(原理主義的?)愛好家各位からは嫌われてしまいそうな優等生的描写ですよね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。