スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のW-Nikkor35mmが見た甲府某所ととらや茶寮

本日は所用で雨の中甲府に行ってまいりました。
途中須走から山中湖、河口湖にかけてのエリアは雪と霙というとんでもない状況でしたが、道路に積もってなかったので無事帰って来れました。

寒いうえに色々ありまして、今さっき帰宅したわけですが、かなり疲れました。

ロングドライブは神経使いますね。

共通データは以下の通りです。
1~5枚目:EPSON R-D1xG+W-Nikkor35/2.5(F2.5AE,JPEG圧縮)

W-Nikkor3525と甲府某所
1枚目は甲府某所の路地裏。
生活道路兼農作業用道路ということで、色々資材が転がってます。
向かって左側は農地らしいのですが、持ち主はもう耕作をしておらず、人に貸しているそうです。
山梨も高齢化が加速している様ですね。

W-Nikkor3525と甲府某所
2枚目は農地にかかっていた鳥よけの飾り。
ペットボトルを加工したものの様ですが、多分汚れでもう役に立たないのではないでしょうか。
ギリギリの距離でピント合わせを行いましたが、うまく合ってました。

W-Nikkor3525と甲府某所
3枚目はビニールハウスの屋根越しに見上げた今日の空。
豪雨で滲んでます。
この後さらに激しくなってきたので引き揚げました。

W-Nikkor3525ととらや茶寮
4枚目は帰りがけによった御殿場とらや茶寮の入り口を一枚。
周囲の緑が多いからでしょうか、3枚目までの甲府の写真と比べると色が鮮やかです。
設定は弄ってないのですけどね。

W-Nikkor3525ととらや茶寮
最後は敷地内の看板を一枚。
数日前からイノシシが出ているそうです。
今年はエサ不足なのでしょうか。
敷地内にはイノシシの出そうなところに罠を仕掛けてあるとのことでした。

今日は日帰りの甲府でしたが、どんよりとした空の色とそれに引っ張られるかのような画像データが、御殿場とらや茶寮の色合いと対照的で、やはり山一つ隔てるだけで土地の明暗は分かれるものだなと感じました。
心象も反映されるのかもしれませんけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

R-D1系列の魅力を再々発見ってとこでしょうか

おつかれさまです。
4枚目のしっとりしたハイコントラストの茅葺門に代表されるように、R-D1系列のカラーは銀塩に迫るモノクロモードとはうって変わって、いわば、色のデフォルメやってるカンジで、目で見たカンジから一捻りした艶やかで非現実的な発色が面白いんですよね。
これがフルサイズ、いや、APS-HでもAPS-Cままでも正常進化して、ローパスレスででも出てたら面白いことになったでしょうね、マイクロプロジェクタ内蔵の電子式二重像合致式ハイブリッドファインダと相俟って・・・

Re: R-D1系列の魅力を再々発見ってとこでしょうか

Charley944さん
お疲れです。
本当にねえ、ZeissIconのデジタル版が出ていればどれだけ面白かったか。
下手にカメラのハードルを下げて使用人口が増えたことで、却って本質は見失われたのかもしれませんねえ。
もはやデジカメ用画素の主流はCMOSになってしまいましたから、R-D1シリーズの様なカメラは難しくなりましたけど、作り様はあるはずなんですがね。
問題は市場の何%がそれを購入するかってことで。

> おつかれさまです。
> 4枚目のしっとりしたハイコントラストの茅葺門に代表されるように、R-D1系列のカラーは銀塩に迫るモノクロモードとはうって変わって、いわば、色のデフォルメやってるカンジで、目で見たカンジから一捻りした艶やかで非現実的な発色が面白いんですよね。
> これがフルサイズ、いや、APS-HでもAPS-Cままでも正常進化して、ローパスレスででも出てたら面白いことになったでしょうね、マイクロプロジェクタ内蔵の電子式二重像合致式ハイブリッドファインダと相俟って・・・
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。