スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜日のX100sが見た越後湯沢の夜景

北上駅から大宮駅経由で越後湯沢まで約3.5時間。
内大宮駅での待ち時間は15分。

しかもこの時期の上越新幹線はスキーを楽しみたい観光客が自由席を独占するので、指定席には作業服やスーツ姿のサラリーマンばかりというのがざらです。
この日は指定席にもスキー客が押し寄せ、車内はレジャー気分だったり、昔のJRSKISKIの広告の様に夕方から滑って夜はホテルで、と思えるカップルもかなり乗っていて、無性に腹立たしさを覚えました(笑)

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X100s(F2.0AE,JPEG圧縮)

X100s
こういう状況でX100sを持ち歩くときに気になるのがフードの扱い。
夜はつけないので問題ないですが、昼間はやはり欲しくなります。
しかしつければ速写ケースが使えなくなるということで、下半分だけ覆うケースが欲しいところです。

X100sと越後湯沢
1枚目はこの日の宿の前から見た越後湯沢駅前の居酒屋の光を一枚。
こうやって見ると居酒屋付近の灯は見た目どおりなのですが、手前側の街灯に照らされた雪は緑かぶりがひどいです。
花巻市の雪景色の写真と比べてみるとわかると思いますが、どうも新潟県内の街灯はX100sに優しくないようです。

X100sと越後湯沢
2枚目はしばらく散策した路地にかかっていた警告看板を一枚。
確かにこの時期屋根の積雪はかなりの量ですからこういう警告はあって当然でしょうね。

X100sと越後湯沢
3枚目は廃屋となった旅館白銀閣の壁越しに駅前の居酒屋を一枚。
こちらは街灯よりも居酒屋からの光の方が強いからか、雪の緑かぶりは起きてません。
天下のFUJIFILMなんですから、この手の水銀灯対応のWBを作ってほしいところですが。

X100sと越後湯沢
4枚目は廃屋となった旅館白銀閣の正門前を一枚。
AFは焦点が合わなかったので、マニュアル撮影で。
写真は明るめに見えますが、実際には光はほとんどなく、デジタルスプリットイメージも全く使えない状況でした。
CP+でEPSONが参考出品していた改良型のULTIMICRONでも搭載すればまた違うのかもしれませんけど、折角のハイブリッドファインダーなんですからこういうシーンでもマニュアル撮影がOVF並にピシッとピントの合うファインダーに進化してほしいですね。

X100sと越後湯沢
最後は廃屋となった旅館白銀閣の通用口を一枚。
誰もいなくなった廃屋に降り積もる雪は、先ほどの四枚目もそうですがあっという間にかつての栄華を埋めてしまいます。
そのうち建物も壊れていくのでしょうけど、駅前2分の旅館でこれですからね。
今後北陸新幹線が出来たら越後湯沢は今より乗降客が減るのではないかともっぱらの噂です。

疲労困憊の体に鞭打って夜の越後湯沢駅周辺を歩いてきましたが、雪景色はほとんどが緑かぶりが出てました。
後からLightLoomで修正するしかなさそうですけど、カメラ単体で対応できる日を心待ちにしてます。

さて、この後は翌日の越後湯沢の風雪を。
そうです。こちらでも風雪に襲われました(笑)
X100sは寒暖の差をものともせず、曇り一つ出ませんでしたが、使う人間の方が先に参ってしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

X100系列の真骨頂ですかね♪

おつかれさまです。
確かに夜景で、遠景であれば景色の味なのですが、目の前の被写体が低圧ナトリウムランプや水銀灯、HIDなどで照らされていたりすると、緑になったり、濁ったオレンジになったり、もうホワイトバランスで調整出来る領域を越えていて、画像処理ソフトの色相、彩度調整の加減でもなかなかまともなカラーバランスに加工出来ないってのば頭の痛い現実であります。
それはそうとして、全体を通してみれば、そんなに鑑賞の妨げになるほどはヘンテコな色転びはしていないように見受けられますが・・・
しかし、落雪注意の張り紙を見て、昨日の近所の木造住宅の塀にも張ってあったのを思い出して、なんで門仲で!?とか再び首を傾げてしまいました。

Re: X100系列の真骨頂ですかね♪

Charley944さん
花巻駅前の写真と比べると一目瞭然なんですが、湯沢や小出の街の夜景を撮ると必ず緑被りしますね。
これ、この地域の外灯がそういう傾向なんじゃないかと。
何かこう、雪国の温かさよりも冷たさが際立つようで嫌なんですよねえ、個人的に。

門仲でも落雪注意の看板ですか?
もしかすると昨年そういう事故でもあったのかも??

> おつかれさまです。
> 確かに夜景で、遠景であれば景色の味なのですが、目の前の被写体が低圧ナトリウムランプや水銀灯、HIDなどで照らされていたりすると、緑になったり、濁ったオレンジになったり、もうホワイトバランスで調整出来る領域を越えていて、画像処理ソフトの色相、彩度調整の加減でもなかなかまともなカラーバランスに加工出来ないってのば頭の痛い現実であります。
> それはそうとして、全体を通してみれば、そんなに鑑賞の妨げになるほどはヘンテコな色転びはしていないように見受けられますが・・・
> しかし、落雪注意の張り紙を見て、昨日の近所の木造住宅の塀にも張ってあったのを思い出して、なんで門仲で!?とか再び首を傾げてしまいました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。