スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日のX100sが見た只見町の昼

さて、昼に時間が出来たのでX100sを標準画角35㎜の状態で持ち出し、近隣を散策してきました。
面白いもので、この時間は35㎜と決めて撮影するとその画角にあった距離感になるようです。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X100s(F2.0AE,JPEG圧縮)

X100s
X100シリーズの標準画角は35㎜。デジタルヘキサーとか色々な異名がこの機種にはついて回りますが、ファインダーのついたカメラと言うのは撮る時の安心感が違いますね。

X100sと只見町
1枚目は昼過ぎの山を一枚。
朝方の晴天から曇天に変わり、山に積もった雪も寒々しく見えてきます。
「今日みたいにマイナス15度もある日は仕事がなかったら家から出たくないよ。」と笑う街の古老の言葉が忘れられません。

X100sと只見町
2枚目は近くの水路を一枚。
水の流れが速いところは雪が積もらず凍りませんが、街中の水路の一部は雪で覆われていたりしました。

X100sと只見町
3枚目は道路際の雪壁を一枚。
電柱も3mくらいまで埋まってしまってます。

X100sと只見町
4枚目は近くに寄ってみたもの。
仕切弁の表示が雪に埋もれて見えなくなりつつありました。

X100sと只見町
最後は電話工事の準備を行う工事担当者を一枚。
昼休み中ということもあるのですが、一人でトラックを止め、工事中の標識を立てるとは大変なことです。

この日は昼もマイナス5度くらいでした。
「マイナス5度から10度くらいに気温が変化すれば暖かくなったと感じられるけど、マイナス15度からマイナス5度になってもちっとも暖かいと思えないよ」とj話していた地元の方の言葉が忘れられません。

撮っていると飽きない地域ではありますが、寒さで足先が冷えてきたこともあり、この辺りで撮影は切り上げました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

二枚目の描写に惹かれますね

お疲れさまです。
寒そうな空気まで伝わってきそうなカットのオンパレードで、ビールなんか飲みながら拝見してると、あ、焼酎お湯割りにした方が・・・・って思ってしまうくらいです。
ただ、老婆心ながら申し上げれば、組写真では、モノクロとカラーは混ぜない方がストーリー性としての表現の一貫性も高まると思います。

Re: 二枚目の描写に惹かれますね

Charley944さん
お疲れです。
確かに焼酎お湯割りの方があっているのかも。
この情景は。

モノクロとカラーの混載は行けないと判ってはいるのですがねえ。
テストレポートと考えると、どちらも載せたくなるしで悩ましいところです。
どちらかに絞りましょうかね、今後は。

> お疲れさまです。
> 寒そうな空気まで伝わってきそうなカットのオンパレードで、ビールなんか飲みながら拝見してると、あ、焼酎お湯割りにした方が・・・・って思ってしまうくらいです。
> ただ、老婆心ながら申し上げれば、組写真では、モノクロとカラーは混ぜない方がストーリー性としての表現の一貫性も高まると思います。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。