スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のX100sが見た小出駅の情景

只見町に入る時、只見線を使うなら必ず訪れるのが小出駅です。
来週も日曜~火曜で来る予定でありますが、今年はどんな情景になるのか楽しみでした。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X100s(F2.0AE,JPEG圧縮)

X100s
既にシリーズは三代目X100Tに移行しておりますが、ファインダー内でデジタルスプリットイメージを使えるようになったのはこのX100sからになります。
夜景でのスプリットイメージにはまだ改善の余地がありそうですが、これのおかげでデジタルカメラでもライカやR-D1シリーズの様に距離計連動での焦点合わせが出来るようになったことは大きな進化だったなと思います。
やはりRFスタイルならそれくらいできないとね、と思いますし。

X100sと小出駅
1枚目は浦佐駅の上越線ホームから。
上越線は15時くらいになると通学帰りの学生で電車の中は混雑します。
この日も満員でした。時期によっては学校の授業の関係でスキー板を担いだ学生も見ることができます。

X100sと小出駅
2枚目は小出駅ホームで降りる学生たちを一枚。
小出駅でかなりの学生が降りていきますが、一部は只見線に乗り換えて入広瀬までの各駅にある自宅に帰ることになります。只見線も今は入広瀬までしか客はにぎわっておらず、大白川駅では学生が一人降りるか降りないか。
只見駅に至っては私を含めて仕事で来る人以外はこの時期最終電車には乗ってこないようです。
ローカル線故に中々難しいところですね。

X100sと小出駅
3枚目は只見線を正面から一枚。
この只見線、昨年JR東日本の「行くぜ!東北」キャンペーンの顔として至る所でポスターやTVCMに出てきました。
これを切っ掛けに乗客が増えてくれると良いのですがね。

X100sと小出駅
4枚目は小出駅5番線只見線ホームの様子を一枚。
雪対策でホーム上に噴水が設けられており、学生たちは長靴で通っています。
こういうところに革靴とか短靴で来るのは東京からやってきたサラリーマンとか工事作業関係者くらいのもので、大抵の場合ホームの噴水に気づかずに足元が濡れてびっくりするという光景を何度も目にします。
私も最初の頃は何度もやらかしたのですけどね。

X100sと小出駅
最後は小出駅5番線ホームから眺めた小出町の夕景です。
雪は降ってませんがグレーの雲がかかっていて、薄らと夕焼けが出ています。
こちらでは春までこの光景が続くのです。

さて、X100sの標準焦点距離である35㎜相当で撮ってみましたが、距離感さえ掴んでいれば問題なく使えるのが35㎜の良いところかなと思います。
後はF2.0AE時のシャッター速度が標準で1/4000まで上がれば言うことないのですけどねえ。
限界値1/1000だとどうしても被写体ぶれを免れない時が出てくるのですよ。
X100sでもファームウェアで改善してほしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

物語性がグー!!

おつかれさまです。
今回の雪国シリーズも個々の描写もさることながら、地元の生活臭溢るるストーリー性を匂わせた連作としての構成も秀逸であります。
まさに前回の故ノンライツRF友の会写真展での組写真の続編として評価されてしかりと思いました。

Re: 物語性がグー!!

charley944さん
お疲れです。

やっぱり行く以上はその土地の生活感みたいなものを撮ってきたいなって思いがあるのですよ。
今回短い時間でしたが、拾えたかなと言う気がします。
そう言えば前回出展した写真も昨年のこの時期のものから出してましたね。
続編と言えば続編ですねえ。

> おつかれさまです。
> 今回の雪国シリーズも個々の描写もさることながら、地元の生活臭溢るるストーリー性を匂わせた連作としての構成も秀逸であります。
> まさに前回の故ノンライツRF友の会写真展での組写真の続編として評価されてしかりと思いました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。