スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のCookeCineLensが見た横浜中華街

本日は所用で横浜に出てきたので、折角だからと馴染の華勝楼で昼食にした次第。
この店は昭和24年創業で宮大工の手により建てられたものであり、「高級中国京蘇料理のお店です。新鮮で質の良い素材を選りすぐり、宮廷料理で有名な北京料理の手法を主体に、蘇州料理の特徴を盛り込んだ、上品でさっぱりとした味付けに仕上げられており、食べ易く、とても美味しいとご好評を頂戴しております」とHPに書いてある通り、中華街の店の中では上品な味付けで評判のお店であります。
茅ヶ崎時代から利用しているのでかれこれ10年以上のお付き合いでしょうか。
今後も定期的に訪れることは確実ですね。

さて共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Cooke Cine Lens 47mm/2.5(F2.5AE,JPEG圧縮)

Cooke
Cookeと言いますとSpeedPancroが有名ですが、このCineLensも負けず劣らず良く撮れるレンズです。
APS換算で中望遠60mm程度の画角になるので、標準域で利用したいときは最近はこのレンズを持ち出すことが増えてきました。

Cookeと中華街
1枚目は中華街メインストリートから関帝廟通りに繋がる路地裏を一枚。
モノクロ+Reフィルター仕上げでACROSっぽく仕上げました。
昼下がりの中華街の情景が見えればいいかなと思います。

Cookeと中華街
2枚目は関帝廟の屋根を一枚。
絞り開放で撮影したので、ピントの合っていた中央部以外のボケ方が結構出てますかねえ。
曇天だったのでVelviaモードで撮ったらどうなるかやってみましたがそんなに色合いは変わらない気がします。

Cookeと中華街
3枚目は関帝廟通りで前を歩いていた、子供を肩車した父親がこちらを振り向いたので一枚撮ったもの。
咄嗟のことでピントが若干ずれましたが、雰囲気は出たかなと。

Cookeと中華街
4枚目は関帝廟通り終点の天長門を一枚。
観光客が突き当りの横浜大世界にかなり入っており賑わってました。
自転車が前を不意に通ったので雑踏の雰囲気が出たかなと思います。

Cookeと中華街
5枚目はこの前と同じ位置から撮影した元町・中華街ホームの写真です。
ニューヨークの地下鉄駅を思わせる雰囲気だったので、モノクロが似合うかなとモノクロ+Reフィルターで撮影の上ACROSっぽく仕上げてみました。

久々登場のCookeですが、距離によっては焦点のあっている中央部周辺からボケが強烈に出てくる場面もあり新たな発見がありました。
晴れた日にもう一度持って行ってみようかなと思います。

さて、この後は本日もう一つ持って行ったCine-Xenonによる赤レンガ倉庫や中華街の情景を掲示しますのでお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一枚目からぶぃぶぃと・・・

おつかれさまです。
一枚目のモノクロシーン、さすがフィルムメーカーのデヂカメだけあって、自社の硬調フィルムの再現性高いですね。
ただ、二枚目以降のカラーはどちらかと云えば、全体的ピン甘めでコントラストも低めなので、これらもモノクロにして通しにしてしまった方が、見せ方論としてはベターではなかったかと愚考した次第。

Re: 一枚目からぶぃぶぃと・・・

charley944さん
お疲れです。
言われてみれば確かに今回はモノクロで統一した方が良かったかもしれませんね。
ちょいとピン甘でしたし、次回はそっち方向でまとめてみます。

> おつかれさまです。
> 一枚目のモノクロシーン、さすがフィルムメーカーのデヂカメだけあって、自社の硬調フィルムの再現性高いですね。
> ただ、二枚目以降のカラーはどちらかと云えば、全体的ピン甘めでコントラストも低めなので、これらもモノクロにして通しにしてしまった方が、見せ方論としてはベターではなかったかと愚考した次第。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。