スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日のDistagon35/2.8が見た鳩の町

本日の写真がまだ仕上がってないので、過去出し遅れになったデータから。
12月頭にクラレン連で行った鳩の町の写真であります。
ただ、この路地はもっと広角のレンズで撮った方が良かったかなあと思うところで、次回リベンジの際はおなじDistagonでも12mmの方で行こうかなと。

共通データは下記の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CONTAX DISTAGON35/2.8*T(F2.8AE、JPEG圧縮)

Distagon3528
このスペックだと案外安値で入手できるDistagon35/2.8*Tであります。
今は無きヤシカがコンタックスネームで京セラから出していたレンズですが、京セラがカメラ業界から撤退したおかげでこれももう生産中止になりました。
どこかで復刻しませんかねえ。良いレンズだと思うのですが。

Distagonと鳩の町
1枚目は鳩の町に向かう手前の路地にある公園で、お母さんと話す子供たちの様子を一枚。
丁度銀杏並木がきれいに色づいてますね。

Distagonと鳩の町
2枚目は名前が気になったエネルギースーパーたじまの看板を一枚。
Charley944さんの話では、ここのオーナーがエネルギッシュなスーパーを目指すと言う事で店名を考えた際に、エネルギッシュと言う言葉が出てこなかったのか、エネルギースーパーと名付けたのだとか。
最初、バッテリー関係のディスカウントストアかと思いました。

Distagonと鳩の町
3枚目は鳩の町の中ほどにあるアパートの階段前にいた猫を一枚。
人に慣れた猫の様でしたが、もうちょっと寄って撮ろうと近づいたところ、私の影が体にかかった途端に逃げ出してしまいました。
まあ、仕方ないですね。

Distagonと鳩の町
4枚目は鳩の町の中ほどにある廃墟を。
元々植木屋さんか造園業のお屋敷の様でしたが、今はどなたも住まわれてない様です。
こういうエリアが点在するのも鳩の町ならではでしょうか。

Distagonと鳩の町
最後は鳩の町商店街にある喫茶店こぐまの看板を。
丁度看板に書かれた小熊があたかも悪さをして怒られる子供の様で目を引きました。

今回初めて訪れた鳩の町でしたが、撮影ポイントは至る所にありました。
また行ってみたいですね。
ただ次回行くとしたら、広角オンリーで行く予定です。
28mmとか21mmくらいでしょうか。
35mmだとちょいと狭い感じですし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

むしろクラシックかも・・・

おつかれさまです。
土地柄もあってか、ツァイス銘の玉にしては、猫のカットを除き、コントラスト、彩度もそれほど高くなく、寧ろ優しめの描写でペトリとかミランダの玉のテイストに近いものを感じてしまいました。
尤も、企画・設計がツァイスとは言え、ヤシカの玉を拵えていた富岡光学製ですから、こういう昭和濃度の濃いエリアではそのDNAがちょうど呼応してこういう、らしからぬ描写になったのかも知れませんが・・・

Re: むしろクラシックかも・・・

charley944さん
お疲れです。
このツアイス、何故か*Tらしからぬ写りになるのですよ。
日の光がもっと上がれば鮮やかな色合いに変わるのですけどね。
曇天とか日光が少ないとこういう写りになる様な設計思想なのかもしれませんが。
もう少し色々撮ってみます。

> おつかれさまです。
> 土地柄もあってか、ツァイス銘の玉にしては、猫のカットを除き、コントラスト、彩度もそれほど高くなく、寧ろ優しめの描写でペトリとかミランダの玉のテイストに近いものを感じてしまいました。
> 尤も、企画・設計がツァイスとは言え、ヤシカの玉を拵えていた富岡光学製ですから、こういう昭和濃度の濃いエリアではそのDNAがちょうど呼応してこういう、らしからぬ描写になったのかも知れませんが・・・
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。