スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のDistagon35/2.8*Tが見た日本橋界隈

本日はよわよわカメラウーマン日記でおなじみの林ナツミさんの写真展を見に日本橋高島屋に行った後、新宿に出て伊勢丹で買い物および昼食、その後新宿御苑を散策した後再び日本橋に戻りCOREDO日本橋やCOREDO室町をはしごし、最後に東京駅のイルミネーションを見て帰るという盛沢山なスケジュールでありました。
ノープランで歩くのは楽しいのですが、その後の写真整理でこんな時間であります。

さて、共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CONTAX DISTAGON 35/2.8*T(FR2.8AE,JPEG圧縮)

Distagon3528
APS換算で焦点距離が50mm近くになる便利なレンズであります。
開放値は2.8ですが、X-Pro1なら感度3200とか6400まで増感できますから問題ありませんね。
寧ろ普通に撮るとパンフォーカス気味になるので、ボケを生かそうとするなら被写体にガンガン寄って行かないといけません。

Distagonと日本橋
1枚目はCOREDO日本橋のB1Fから1Fに上がるエスカレーターより外を臨んだもの。
日が傾いてきてましたがまだ感度100でも十分なシャッター速度で行けました。

Distagonと日本橋
2枚目は歳末の日本橋を。外国の方がかなり往来する様になりましたね。
不思議なものですが、日本人が出歩かなくなった分外国人観光客の方が増えたのでしょうか。

Distagonと日本橋
3枚目は日本橋のたもとの獅子を。
麒麟の方は、新参者・麒麟の翼の影響で観光客が群がってましたがこちらは空いていたのでここまでよれました。
獅子の目にピントを合わせたのですが、あまり背景がぼけませんね。

Distagonと日本橋
4枚目は日本橋大通り沿いの和食屋の前でお母さんから鼻紙をもらう子供を一枚。
この辺りから、日の傾きが早くなり、感度100では辛くなってきました。

Distagonと日本橋
最後は日本橋三越の軒先で正月飾りを販売する様子を一枚。
こういうのも歳末ならではの光景ですね。

銀座から京橋を抜けて日本橋までの通りは歴史的な趣もさることながら、それを上手く生かしつつ新しく変化していく町の様相がある程度秩序立っているので私としては好きな通りです。
この通りを見た後で新宿を歩くと建物が無秩序すぎてどうにかならなかったかと思います。

またこの辺り歩きに来ようっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

街撮りのお供には最適かも

おつかれさまです。
街撮りではAFの功徳を感じることが多いですよね。
小生も今は視力と反射神経を頼みにMFレンズでブィブィ言わせてますが、そのうち、寄る年並みには・・・ってなっちゃうかも(苦笑)
それにしても日本橋の歳末の景色は神田、浅草、そして深川ともまた違って趣きがあって良いものですね。

Re: 街撮りのお供には最適かも

charley944さん
お疲れです。

街取りもそうですが、家族と一緒だと両手をふさがずに歩くことは困難なので、AFに頼ることになりがちですね。その分速写性と瞬間の判断力は高まるのですけれど。
銀座から京橋~日本橋のルートは一定の上品さが賑わいの中に感じられて好きですね。
これが新橋や新日本橋駅を境に終わってしまうのがじつに残念です。


> おつかれさまです。
> 街撮りではAFの功徳を感じることが多いですよね。
> 小生も今は視力と反射神経を頼みにMFレンズでブィブィ言わせてますが、そのうち、寄る年並みには・・・ってなっちゃうかも(苦笑)
> それにしても日本橋の歳末の景色は神田、浅草、そして深川ともまた違って趣きがあって良いものですね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。