スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のPetri55/1.4が見た琉球

美ら海水族館を見た後は八重岳にあるきしもと食堂八重岳店に行こうとしたのですが、カーナビで指定された先には全然違う店がありまして、探し回れど見つからず。
こりゃ沖縄名物の突然閉店だなと思い、その足で首里金城町の石畳を見に行きました。
石畳の途中に喫茶店があり昼食にはありつけたのですが、既に時間は15時を回っておりました。
こういうこともあるのが沖縄旅行の面白さですね。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+Petri-Xmountadaptar+Petri55/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

Petri55/1.4
後から考えればなんでこんなかさばる物を持って行ったの?と言う話ですが、荷物詰めをしている際には「このシーンにはこれで行こう」なんて考えていたわけで、それが机上の空論だったことに気付くのは実質3㎏近いカメラバックを担いで石畳を上り下りするときだったと言う事であります。
次はもっと軽くいこうと思います。

Petriと石畳
1枚目は石畳の入り口で信号待ちしていた際に通りかかった下校途中の小学生を一枚。
ピンクのランドセルが鮮やかでした。多分首里城近辺にお住まいなんでしょうね。

Petriと石畳
2枚目は石畳入り口近くに垂れ下がる木の根を一枚。
こういうのもピシッと抑えるのがPetri55/1.4の凄いところです。

Petriと石畳
3枚目は石畳中腹にある喫茶店を見つけ落ち着いたところで隣のテーブルを撮影したものです。
陽射しが当たってテーブルの緑色が良い感じに出ているなあと。

Petriと石畳
4枚目は石畳を首里城方向に上っていくおじいを一枚。
ここに住む方にとっては、石畳も日常の道路でしかないことが良く判ります。

Petriと石畳
最後は石畳脇に咲くハイビスカスを一枚。
こういう花をそこかしこで見かけるのも沖縄ならではですね。

Petriのレンズでは300枚近く撮りましたが、レンズの性能が良いこともあり、光量が一定レベル以上あれば良い色合いで撮影できます。一本持ってて損はないレンズだなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

旅のお供に絶版レンズ!!

おつかれさまです。
南国特有のまどろむが如き午後のけだるいカンジを、この薄幸のレンズはうまく捉えているのではないかと思いました。
特に最後のカットのブーゲンビリアの花の赤い花の色を艶やかに捉えたところが、控えめながら仕事が出来るこのレンズの性格を旨く活かしきっているとも思いました。
ホントはこのペトリのレンズとオリヂナル黒V6ボディにモノクロフィルム詰めて、どっかゆっくり撮りに行きたいのですけどね・・・

Re: 旅のお供に絶版レンズ!!

charley944さん
お疲れです。
ペトリ良いですね。
外しのないレンズ群と言う稀有な存在ですよ、これ。
何でどこも復刻版作らないかなあ。
これと同じ工法で作るのがもう無理ってことかもしれませんけど。
黒のV6と55/1.4でモノクロの組み合わせなら、いっそこれまでのイメージから離れて東欧とか地中海エリアとか良いかもしれませんよ。


> おつかれさまです。
> 南国特有のまどろむが如き午後のけだるいカンジを、この薄幸のレンズはうまく捉えているのではないかと思いました。
> 特に最後のカットのブーゲンビリアの花の赤い花の色を艶やかに捉えたところが、控えめながら仕事が出来るこのレンズの性格を旨く活かしきっているとも思いました。
> ホントはこのペトリのレンズとオリヂナル黒V6ボディにモノクロフィルム詰めて、どっかゆっくり撮りに行きたいのですけどね・・・
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。