スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のCookeCineLensが見た茅ヶ崎の路地裏

本日は所用で茅ヶ崎に行った後、時間が出来たので路地裏散策をやってきました。
海沿いも良いのですが、茅ヶ崎の路地裏も探すと色々ありまして。

最近谷口ジロー・画、久住昌之・原作の「散歩もの」を読んだこともあって、いつもの散策コースからちょっと寄り道してのんきな迷子になって見るというのがマイブームになりそうな気配です。
こういうのは一人で行くか、同好の士とやるのが良さそうなんですけどね。

共通データは下記のとおりです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro1+CookeCineLens2.5/47mm(F2.5AE,JPEG圧縮)

クックと茅ヶ崎
本日のお供はCookeCineRens47mmになります。
このレンズ、有名なSpeedPancroのプロトタイプの様な位置づけらしいですね。
新大久保の山崎光学さんでメンテをやってもらったので見違えるようなクリアな映りになりました。
日向で撮ると良い色合いになります。

クックと茅ヶ崎
1枚目はちがさき粋酔会ショッピングセンターの裏手で一枚。
丁度ショッピングセンターの間にある通路から路地裏に行くことが出来るので、結構通行量も多いですね。
そこを抜けると手前に映っているトタン張りの家があるので、そこを入れて撮って見ました。

クックと茅ヶ崎
2枚目は別な路地裏を散策中に見つけた工事現場脇のモルタル住宅を一枚。
手前側の更地は先月くらいまでは潰れそうな写真店があったのですが、とうとう建物毎潰れたかと言う感想を持ちました。
更地にしたってことは今後建売住宅でも建てるのでしょうし、この辺も再開発が始まるのかもしれませんね。

クックと茅ヶ崎
3枚目は、2枚目の場所からもう少し進んだところにある工事現場です。
丁度基礎打ちをやってますね。
ここは先々月まで潰れそうな居酒屋があったのですが、やはり潰れたのかそれとも女将さんが高齢で店を畳むことにしたのかあっという間に景色が変わりました。一件の住宅兼店舗があった場所は、建売住宅が三件できるそうです。
日本って常にどこかで建売住宅を作っていないと経済が止まって不況になるという火の車経済構造になっている、と以前大学の経済学の授業で習ったことを思い出しました。

クックと茅ヶ崎
4枚目は「日本って実は建売住宅メーカーを排除すればもうちょっとマシな家が建つようになるのかもしれないけど、その分経済が傾くのでは?」と思いながら歩いていた時に目に入った公園の遊具で遊ぶ少年たちがいたので一枚撮ったもの。
少年たちの若さにちょいと救われたような気がしました。

クックと茅ヶ崎
最後は相模線沿いを歩いていた時に見つけた廃墟の入り口を一枚。
ここはもう3~4年くらいこんな状態なのだそうです。
周囲には新築の住宅がそこかしこに建っているのですが、ここだけは時間から取り残されたような重苦しい雰囲気がありました。
こういう空白域って実は身近にあるものなんですね。

1時間くらい、茅ヶ崎駅周辺を歩いただけでも古い住宅を見つけたり、取り壊されて基礎打ちやっている現場をいくつも見ました。相続が一段落したのか、或いは消費税が当面8%に据え置きになりそうなのでその間に整備して金に換えちまえってことなのかはわかりませんが、先日行った鳩の町や旧玉ノ井町の様に、茅ヶ崎にも再開発の波は押し寄せている様ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トタン張りと木造住宅に心休まるのは何故?

おつかれさまです。
そうそう、裏通りのトタン張り住宅や、いつから建ってるんだろう、そしていつまでもつんだろうと、他人事ながら心配してしまいそうな路地奥の古い木造住宅の画って、何故か興味をそそられてしまいますよね。
そういった意味では、適度にフレアを残し、コントラストもSer.II辺りに較べれば低めなプトパンクロで撮ったのはひとつの正解ではなかったかと思います。

Re: トタン張りと木造住宅に心休まるのは何故?

Charley944さん
お疲れです。
古い木造住宅の姿って、子供の頃の風景を想起させるので目が行ってしまいますね。
ましてそれが無くなったりすると、自分の老いを想起させる気もしますし。
うわあ、年取ったわ、私。そんな感じで。

CookeCineLensも冬の路地裏をこういう感じで撮ると良い色合いになりそうな気がします。
ちょいと弄ってモノクロにしてもうまくいきそうな感じで。

しばらく茅ヶ崎のお散歩レンズにこれも入れておこうかな。

> おつかれさまです。
> そうそう、裏通りのトタン張り住宅や、いつから建ってるんだろう、そしていつまでもつんだろうと、他人事ながら心配してしまいそうな路地奥の古い木造住宅の画って、何故か興味をそそられてしまいますよね。
> そういった意味では、適度にフレアを残し、コントラストもSer.II辺りに較べれば低めなプトパンクロで撮ったのはひとつの正解ではなかったかと思います。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。