スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日のOM50/1.4が見た川越氷川神社

本日は通院の関係で一日休暇だったので、病院の帰りに川越氷川神社に行ってみた。
手元にはレンズ交換をしてなかったので、R-D1xGとOM50/1.4の組み合わせ。
さてどう映るやら。

共通データ
1~2枚目:iphone5
3~12枚目:EPSON R-D1xG+OM50/1.4(F1.4AE,JPEG圧縮)

OM

OMアダプター
距離計連動アダプターって何?と言う方がおられたので、こんな感じでつけてますよと言う写真を1枚。
直接改造がメジャーじゃなかった時代の産物なのだと思いますが、確かライカM距離計連動アダプターとしてHANSAがOMマウントとかニコンFマウントとか出していたような気がします。
ライカMマウント系列機種に装着すると50㎜のレンズ枠が表示されるので、50㎜標準レンズをつけるのに良いといううたい文句でした。
中央、HANSAの文字の下の数字の着いたダイヤルで距離計連動を行い、その数値を確認してからOMレンズ側の指標を合わせるという構造で、charley944さん他の改造レンズからしたら速射性ではかなり劣るものの、レンズそのものを弄るわけではないので、改造して元に戻せない、ということはこの場合ありません。
前回も書きましたが、ポートレートとかに使うのであれば全く問題ありませんし、ある程度距離感さえ掴めば、一々マウントアダプター側の数値を読み取らなくても大体こんな距離かなって辺りは見えてきます。
もし中古市場でみかけたらぜひ使ってみてください。

川越氷川神社
1枚目は氷川神社の入口より参詣の情景を撮影したもの。
丁度日差しが出てきたのでちょいとレンズ内の乱反射が出てしまってますね。

川越氷川神社
2枚目は神社側から入口の風鈴回廊を撮影したもの。夕方以降だとライトアップするということですが、昼間はこんな感じです。幻想的な情景を見るのであれば夕暮れ時以降に行くのが良い様ですね。

川越氷川神社
3枚目は入口の風鈴回廊にて飾られた風鈴を撮影したもの。丁度撮影中に風が吹いて良い音色を響かせてました。
風鈴は縁結びのためのもので、8月31日まで飾られるそうです。
なお詳細を解説した氷川神社のHPはこちらになります。

川越氷川神社
4枚目は境内にある鯛釣り占い。これも縁結びのお守りなんでしょうね。
丁度釣れた鯛に良縁が書かれていたのでしょうか、スマホのカメラに占い結果を撮る女性が居られましたので、一枚撮影しました。

川越氷川神社
5枚目はちょっと角度を変えて、奥の赤い傘に焦点をあてたもの。
日差しが入ってきたので幻想的な雰囲気になりますね。

川越氷川神社
6枚目は神社の脇にある風鈴回廊の上側を一枚。
こちらも風が吹くと良い音色が流れます。
ここと入口で合わせて888個の風鈴が飾られているそうです。

川越氷川神社
7枚目は風鈴回廊の奥から神社の社務所を臨んだものです。
こちらも夕方以降は幻想的な風景になるのでしょうね。

川越氷川神社
8枚目は丁度風が吹いたところを一枚抑えたもの。
とは言えちょっとタイミングがずれたのかあまり短冊が揺れる感じは出ませんでしたね。

川越氷川神社
9枚目は風鈴回廊の脇にあるご神木の幹を一枚捉えたもの。
幹の色合いがきれいに出てますね。

川越氷川神社
最後は風鈴回廊に願い事を書いた短冊を取り付けに来られた女性二人を撮ったものです。
上の風鈴につけたいということで、係の方に脚立を借りてました。

最後の写真は距離計連動アダプターを一々見ていたのでは間に合わないと思ったので、目測3~5mくらいかなと速射したものですが、F1.4でも何とかうまくいったみたいですね。

係の方に聞いてみると、この氷川神社の風鈴回廊や天の川のプロジェクションマッピングは19時くらいから見に来られた方が幻想的で良いということなので、今度はそれくらいの時間に行ってみるとしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イッツパステルカラー♪

おつかれさまです。
オリンムパス製品は「ズイコー原理主義者」みたいな煮ても焼いても食えない天井天下唯我独尊的マニア層が居るので、う!ってカンジで敬遠していたのも事実ですが、そういう周辺関係を度外視すれば、赤系統の独特の発色、そしてまた木部の濡れたような色合いも表現方法としては面白いですね。

Re: イッツパステルカラー♪

Charley944さん
お疲れです。
まあ、教義とかもそうですけど歪めるのは原理主義者連中なんで、ああいうのはちゃっちゃと屑箱に処理した方が良いですね。
実際使ってみると良い感じの色合いが出てきますよ、OMレンズ。
これがあるからアダプターも売らずに残していたわけです。
やはり好きな色合いになりますね。

> おつかれさまです。
> オリンムパス製品は「ズイコー原理主義者」みたいな煮ても焼いても食えない天井天下唯我独尊的マニア層が居るので、う!ってカンジで敬遠していたのも事実ですが、そういう周辺関係を度外視すれば、赤系統の独特の発色、そしてまた木部の濡れたような色合いも表現方法としては面白いですね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。