スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のUnknownが見た甲府市某所

まあ、レンズの素性はCharley944さん辺りが見たら一発でわかるのではないかと。

本日は所用で甲府に日帰りで行ってきました。

行きのあずさは満席で、八王子から立ったまま甲府まで。おかげで帰ってきてから足が痛かったですね。

甲府

甲府

甲府

1~3枚目:EPSON R-D1xG+Unknown(絞りF4、JPEG圧縮)

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

甲府

4~13枚目:EPSON R-D1xG+Unknown(絞り開放、JPEG圧縮)

Charley944さん達が目にする甲府ってのは、多分8枚目以降の景色だと思うのですよ。
あれは観光客向けに整備された場所なんで、印象良いのですよね。
駅前の小作はほうとうがうまいですし。
なお、地元の人は家で作って食べるので、ほうとうを外で食べる習慣はないそうです。

それはそれとして、時間が合ったので駅前の夢街道も見てきましたが、微妙な出来、と言う印象でしたねえ。
Charley944さん達が撮影した場所とは多分違うのでしょうけど、ここもGW連休の中日と言うこともあって大賑わいでした。
これくらいの日差しだと感度200で、絞りF4位なら1~3枚目の様に撮れますし、光の角度に気をつければ4・5・12枚目の様な写真は撮れますね、R-D1xGは。
映りを見ると個人的にはCCD搭載機の色の方が好みだなって気がします。
夜景はCMOS搭載機に絶対的な優位があるのですけどねえ。

なお、今日の撮影ではやはり甲府に対する心理的フィルターがかかっているなってのが感想です。
浦和とか埼玉県内よりはバイアスかかってないのですけどね。
やはり色々と考えてしまいますねえ、甲府の撮影は。

何と言いますか、Englishman in New York みたいな気分ということで。

湘南とか小田原とかを撮影するときはそんな情念はないので、この土地に由来するのでしょうね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/05 09:24)

甲府市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

まさに記憶色ワールド♪

おつかれさまです。
かなりベルビア系の彩度、コントラスト強調で行ってますね。
下から4枚目、までは勿論、どこで撮ったかはすぐ判りますよ、JYさんが必死まめ単で城跡内で時間ギリギリまでスナップに励み、両老人がスタバで茶しばき、そしてSKさんと小生が二人でしっぽりとと撮ってた界隈ですから(笑)
しかし、出戻りフォトグラファーさんが奇しくも言われる通り、同じAPS-Cで同じ開発ルーツを持つとも云われるX-Pro1のTrans-CMOSでの画は彩度、コントラストをいずれも+1に設定しても、或いはベルビアモードにしてもこんな「思い出は美し過ぎて・・・」みたいなカットにはならないのが不思議です。
もしかしすると、最終型の貴保有機R-D1Xgと小生のR-D1sの中期バージョンでは味付けが違うのかも知れませんね。

Re: まさに記憶色ワールド♪

Charley944さん
ばれましたか(笑)
R-D1xGのカラー設定はそれを狙ってみました。
感度200のVelviaっぽい感じで撮ってます。

ただ、X-Pro1ではこの色合いにならないですし、レンズ側の影響でなければR-D1xG内蔵の画像エンジンに何らかの細工があったと考えた方が良さそうですね。
当たりを弾いたなと思ってます(笑)

それにしても同じように撮影しても、Charley944さん達とは見ているところが違うのが面白いなと思いましたよ。これもフィルターの影響かもしれませんが。

> おつかれさまです。
> かなりベルビア系の彩度、コントラスト強調で行ってますね。
> 下から4枚目、までは勿論、どこで撮ったかはすぐ判りますよ、JYさんが必死まめ単で城跡内で時間ギリギリまでスナップに励み、両老人がスタバで茶しばき、そしてSKさんと小生が二人でしっぽりとと撮ってた界隈ですから(笑)
> しかし、出戻りフォトグラファーさんが奇しくも言われる通り、同じAPS-Cで同じ開発ルーツを持つとも云われるX-Pro1のTrans-CMOSでの画は彩度、コントラストをいずれも+1に設定しても、或いはベルビアモードにしてもこんな「思い出は美し過ぎて・・・」みたいなカットにはならないのが不思議です。
> もしかしすると、最終型の貴保有機R-D1Xgと小生のR-D1sの中期バージョンでは味付けが違うのかも知れませんね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。