スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のS-Nikkor50/1.4が見た佃島~銀座~北浦和

昨日はノンライツRFのメンバーでICS中古カメラフェアをネタに集まった。

何とキノプラズマ―トさんも参加してくださって、かなり建設的な話が出来たのであります。

そんなわけで、逆算する様に昨日の撮影結果はこのレンズから。

ニッコールS

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

佃島

1枚目:iphone5
2~28枚目:FUJIFILM X-Pro1+S-Nikkor50/1.4(絞り開放、5~13枚目、19枚目は絞り5.6、JPEG圧縮)

この日、撮った枚数はこの後のAFレンズも含めて800枚。
かなりのハイペースで撮影できた。

この日マニュアル操作もこのレンズでやったので大体の癖は掴めた。
X-Pro1の場合、ピントを追い込むときはEVFを拡大モードにした方が確実に撮影できる。
ピーキングは参考にもならない。
特にマニュアルレンズの場合は。

27枚目はそのいい例。
ピーキングのみで合わせたら前ピンぽくなった。

それとこの手のハイスピードレンズは日中は2.8以上に絞るしかない。
シャッター速度が1/8000くらい出るデジタルRFやミラーレスであれば話は別なのだが。
そこをクリアにすると、微妙な滲みもその場の雰囲気を伝える要素に変化してくる。

特に絞り開放の夜景手持ちで28枚目みたいなものが撮れるのだから、このレンズ性能は高いと思う。
無論カメラの性能も高いわけだが。

性能が達していないことを嘆くよりも、それを理解してその条件下でどう写すかを考え実行し答え合わせをする方が楽しいと思う。
そういう意味でも、このX-Pro1はNEX-7より撮った気になれるカメラだなあと思った。

この日の夕方歓談中にキノプラズマ―トさんから「何故α7を買わなかったのか?」と聞かれたときに明確な答えを出せなかったのですが、一つはこの「撮った気になれる」レベルが自分の中ではα7よりX-Pro1にあったということだと、昨日の撮影結果を見ながら漸く文字にできました。
それとソニー機種特有の問題かもしれないけれどEVFの見え方が、乱視の度が強い自分には長時間使うと厳しいという問題があります。同じように撮影しても、NEX-7の撮影だと目が痛くなってくるというところがX-Pro1を選んだ要素の中でも大きかったと思うところです。
あとはまあ、RFスタイルが好きと言うところですね。
ライカM4とかM6とか使っていたので、それに近いシルエットのカメラが自分的には良く見えましたね。

α7も良いカメラだなあと思うのですけど。

そんな感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

官能的な玉であります

おつかれさまです。

ほぉ、昨日持参されてたNikkor5cmf1.4SC、こんなカンジの写りになりましたか。

日中の高照度下ではねむくなりがちなこのレンズも日没から夜景といった低照度になると、独特のソフトなフレアも相俟って、えもいわれぬ雰囲気を醸し出す玉になりますね。

特に一番最後のカットが示唆するように夜警のムーデーさは筆舌尽くし難く、京浜工業地帯の夜景を海から撮ったら、そのまま、感極まって、船中で即身成仏しちゃいそうです。

ただ、自分的には、このフレアを纏うソフトでエモーショナルな描写が本当の姿なのか、八丁畷で再生を受け、Summarit5cmf1.5を軽く凌駕するシャープでクリアでドライな写りが本当の姿なのか悩むことがままあります。

Re: 官能的な玉であります

Charley944さん
お疲れです。
そうなんですよ。あの50/1.4がこんな感じで。
特に最後の夜景のカットは手持ちなのによく行ったなあと感動しました。
ズミクロンも良いけど、ニッコールもやはりこの時代のものは好みの映りになりますね。
メンテナンスしてみたいところですが、この映りが無くなるかと思うと悩みどころですねえ。
でも多分ニッコールの設計思想からするとシャープ&クリアが本来の姿の様にも思います。
ニッコールでソフトってどうもイメージ的に・・・。

> おつかれさまです。
>
> ほぉ、昨日持参されてたNikkor5cmf1.4SC、こんなカンジの写りになりましたか。
>
> 日中の高照度下ではねむくなりがちなこのレンズも日没から夜景といった低照度になると、独特のソフトなフレアも相俟って、えもいわれぬ雰囲気を醸し出す玉になりますね。
>
> 特に一番最後のカットが示唆するように夜警のムーデーさは筆舌尽くし難く、京浜工業地帯の夜景を海から撮ったら、そのまま、感極まって、船中で即身成仏しちゃいそうです。
>
> ただ、自分的には、このフレアを纏うソフトでエモーショナルな描写が本当の姿なのか、八丁畷で再生を受け、Summarit5cmf1.5を軽く凌駕するシャープでクリアでドライな写りが本当の姿なのか悩むことがままあります。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。