スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日の準備中

土曜日にCP+見学会を企画しているので、その準備中。

カメラは二台体制にするとして、レンズをどうセレクトするか考え中。

NEXと比してX-Pro1はファインダーの見えは良いのにピーキングが白しかないのでちょいと目が疲れそうな感じ。

マクロ

マクロ

1~2枚目:FUJIFILM X-Pro1+AR57/1.2(絞り開放、JPEG圧縮)

AR57/1.2を最短距離にしてミノルタのMC28/3.5の外箱を撮影。

昔のレンズの外函はこんな写真を載せていたのかと思う。

好みはあるかもしれないけど、こういう写真が撮れるかもしれないという期待感を箱にも持たせるってのは良い演出だと思う。最近のカメラやレンズの外函に色気がないだけに。

それにしても近距離撮影になると途端にこのレンズシビアなピントになるのね。
面白いわー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは・・・

おつかれさまです。

こういうシーンはピーキングぢゃなくて、10倍ないし3倍のクロップ拡大ですよ(笑)

どうもNEXやGXRご出身の方はピーキングに頼りがちなようで・・・

そもそもX-Pto1はEVFにはピーキングが無く、クロップ拡大しかピント確認の手段無かったので、今では却ってそれが幸いしたと思ってます。

そもそも被写界深度が激浅のf1.2でこんなマクロもどきのカット撮ろうなんてのが無茶なんですってば(苦笑)

Re: これは・・・

Charley944さん
あー、やっぱりクロップ撮影が正解だったか。
ピーキングが便利なんでそっちに頼りがちなんですよね。

でも1.2級のレンズがあればマクロもどきでどこまで撮れるかやりたくなるんですよ(笑)
角度によっては後ろのボケもどうなるか見えますし。

> おつかれさまです。
>
> こういうシーンはピーキングぢゃなくて、10倍ないし3倍のクロップ拡大ですよ(笑)
>
> どうもNEXやGXRご出身の方はピーキングに頼りがちなようで・・・
>
> そもそもX-Pto1はEVFにはピーキングが無く、クロップ拡大しかピント確認の手段無かったので、今では却ってそれが幸いしたと思ってます。
>
> そもそも被写界深度が激浅のf1.2でこんなマクロもどきのカット撮ろうなんてのが無茶なんですってば(苦笑)
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。