スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年と正月のXF35/1.4が見た大宮氷川神社

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
旧年に引き続き、Sunday_Photographerの一層のご愛顧を賜ります様御願い奉りま~す~る~。

と、新年のあいさつはこれくらいにして、今年も最初から飛ばしていくのですよ。
昨日はBSのバックトゥザフューチャー祭りで盛り上がり、気づけば新年と言う状況でありました。
で、初詣は夕方くらいに行けば空いているだろうと思い、昼まで寝て過ごしておりました。

ところがどっこい、大宮の氷川神社はこの辺でも有名な氏神様であり、元々大宮と言う地名の起源にもなった神社ですからそんな甘いものではありませんでした。

夕方から出るので、昨年末にカメラのキタムラ東京・日本橋店でアウトレット価格(6万割込んでいた上に、年末特価で10%引きと言う剛毅な値段設定でありました)で出ていたところを購入したFUJIFILMX-Pro1と専用の35/1.4(35mmフィルム換算で焦点距離52.5mm)を持って行きました。
ここのところ出ていたCMOS搭載UnknownはX-Pro1の事だったのですね。

さて、大宮氷川神社の込み具合はいかほどだったでしょうか。
大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

大宮氷川神社

1枚目:iphone5
2~41枚目:FUJIFILM X-Pro1+XF35/1.4R(絞り開放、JPEG圧縮、微妙に色調整)
※31~34枚目はノーファインダー撮影

CMOSは夜景にはべらぼうに強いが、昼景にはからきし弱い、特に直射日光には敵わないという論拠を補強するかのような性能でありますよ、X-Pro1は。
AFが弱いとかいう方も結構いる様ですが、そもそもこの機種、RF機なんでAF自体がおまけ機能と割り切った方が良いです。明日運が良ければご紹介するCCD搭載UnknownなんてフルサイズCCDですけどAF機能なんてありませんからね(笑)
RF使いであり元メカニカルカメラ使いにとってAFはあれば便利だけど、なくてもなんとかする、ってのが基本スタンスです。
かつて沖縄在住時代にはライカCLやF2フォトミックAを右手だけで(※左手には子供を抱っこし買い出しの荷物を持ってました)使っていた時分から比べれば、AF機能があるだけましってものです。画角さえ頭に入れておけば、ピント合わせの音を頼りに撮れますし。何か映っていればどうとでもなりますからねえ。

さて、氷川神社ですが、17時を回っても激混みでした。地元の氏神様をなめちゃいけません。
神社の鳥居から参拝までかかった時間は45分ですよ。
明治神宮よりはマシなんでしょうけど、1昨日くらいに来た時には3分でお参りできましたからねえ。
多すぎですよ、人が。
とは言え、自分は背丈がある分他人様より視界が開けますので、2枚目以降の様な写真もばしばし撮れました。
子供を肩車する親御さんが多いと、シャッターシーンも加速度的に増えますし、中には興味を持ってレンズの方を向いてくれるお子様も居られて、待ち時間は退屈しませんでした。
もっとも、参拝に来ているにも関わらずイヤホンをつけて外界から遮断しているコミュ障な若者数名には閉口しましたけどねえ。周囲の参拝客にかばんをぶつけるは、進路の邪魔だからと突き飛ばすわやりたい放題。その内数名はぶつかっちゃいけない方にぶつかったのか暗がりに連れてかれた様ですが、まあ自業自得ですわね。
新年から因果応報の勉強をさせていただきました。

参拝が終わると、脇の社務所でお札の購入、そして古いお札の収め場所を確認してから社を抜け古札納付所へ。
だるまやら破魔矢やらお札が大量におさめられていました。
脇の方には「他宗教のお札や人形、置物、陶器などは収められません」との看板がかかってましたが、成程この近くには他宗教(新興系)の方も多いのかもしれませんね。
神奈川ではあまり見かけない看板だったので一枚撮影しました。

その後は参拝も終わりひと段落。帰路、参道の屋台を廻りつつピンときたシーンをX-Pro1で撮っていきました。
AFでも普通にピントが来るのでRFにしては便利なことこの上ありません。
31枚目の辺りからしばらくノーファインダーで撮っていきましたが、すべて狙った感じの所にピントが来ていてX-Pro1の性能の高さに驚いた次第です。
33枚目なんて、えらい行列が出来ていたお好み焼き屋を撮ったつもりがその店員さんにピントが合ってましたね。
とは言え、参道を抜けたあたりから風が強くなり、綿あめの袋が飛ばされるわ、参拝客整理用のカラーコーンやカラーバーが飛ばされる一幕もあり、18時30分くらいには大宮を後にしました。

駅までの路地も参拝帰りの客でごった返しており、正月の人手の多さに感心しました。
さいたまも結構人がいるもんですね。

この日の撮影は180枚。36枚撮りで5本と言うところでしたが、夜景をファインダーで狙いながら撮った割にはそれなりの本数になったなと言うところですね。

さて、このX-Pro1、Charley944さんは基本XF56/1.2以外はお手製のレンズで撮影結果を出すでしょうから、自分は純正レンズでの撮影結果を出していこうかなと考えております。

明日は浦和の調神社に行くとしますかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これぞ剛刀のキレ味か・・・

おつかれさまです。
いやはや、一枚目のサイケな発色のカットから飛ばして来ましたね。
当方のおとなしいセッティングのX-Pro1とは同じ親から生まれた兄弟とは到底思えませぬ(苦笑)

2,3,4枚目の群集から頭を出した極小姐の姿のカットの奥行き感も秀逸ですし、何よりも夜の帳を味方につけて、イルミやら人工光源を楽しんで撮っている様子が目に浮かぶようで、まさにご同慶の至りと感じました。

Re: これぞ剛刀のキレ味か・・・

Charley944さん
お疲れです。
あ、1枚目は色調ちょいと弄ってます。
思ったより交通誘導していた婦警さんの顔が暗かったので明るめに持って行ったりしました。

それと専用レンズに絞った使い方と、シネレンズやオールドレンズを使うのとでは色調が変わるのは仕方ないかなあと思います。
多分自分のX-Pro1も35mmズミルクス辺りをセットしたらもっとおとなしくなると思います。
とはいえ専用レンズで撮影する分には慣れてしまえばAFの癖も見えてきますし、こういう感じで撮影できて便利だなあと思うのですよ。
両手使って撮影しなくても、何とか映りますもの。
これは楽しいですよ。かさばらなくて更にきれいに映るってのは。


> おつかれさまです。
> いやはや、一枚目のサイケな発色のカットから飛ばして来ましたね。
> 当方のおとなしいセッティングのX-Pro1とは同じ親から生まれた兄弟とは到底思えませぬ(苦笑)
>
> 2,3,4枚目の群集から頭を出した極小姐の姿のカットの奥行き感も秀逸ですし、何よりも夜の帳を味方につけて、イルミやら人工光源を楽しんで撮っている様子が目に浮かぶようで、まさにご同慶の至りと感じました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。