スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のBALTARが見た歳末の新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

新宿

1~20枚目:Unknown+BALTAR50/2.3Tuned by Neptune.Opt.Co(絞り開放(5枚目以降は絞りF11)、JPEG圧縮)

さて、歳末の新宿情景2回目は、ボシュロム社製のBaltarを使ってみました。
確かhiroさんとこでまとめて輸入したものから一本購入し、Neptune工房にLマウント改造を依頼したものであります。
以前使った時はBALTARと言うことを意識して使ったわけではないので、今回改めて使ってみた次第。
詳しくは来年に入ってから書きますが、ずれもなく狙ったところをきっちり抑える良いレンズであります。
絞り開放でも2.3ですので、多少の無茶は承知の上で上手く読み込んでくれることもあり、昨日使った50mmレンズと同様いい仕事をしてくれそうな予感がします。
これの前のレンズも良い映りにはなるのですが、マウントアダプターをかます時に気をつけないとレンズのピント合わせが固定されてうまく行かなくなるので、あれはNEX用に回す予定であります。
やはり使う以上はストレスなく使えないとねえと言うことで。

11枚目の様に逆光が厳しいところで敢えて撮影すると、パープルフリンジっぽい感じが出てきますが、光の向きさえ気をつければ12枚目や20枚目みたいな色合いの写真も撮れるので、このレンズは来年からはUnknown用にしておこうと思った次第。
しかし、この時Baltarに付けていたマウントアダプターは28mm用のものだったので、たまにファインダー枠を勘違いして踏み込み過ぎたり、距離を開けすぎたりということもありましたわね。

16枚目はまさしくそれ。最初はショーウィンドだけ狙ってたのに、後でPCでチェックしたらショーウィンドーからチェックしていた夫婦が入ってました。
これならもうちょっと距離開けてこの夫婦も入れるべきだったなあと思う次第。

5枚目や18枚目は久々のノーファインダー撮影2回目と言うところですが、今回は距離感を誤らなかった様です。
これなら後は回数重ねれば勘も取り戻せそう。
やはり枚数撮らないとこういうのって勘が戻りませんわね。

歳末の新宿は昨日の日本橋と違って、かなりの人手でした。
やはり歩行者天国とかやっていて、伊勢丹をコアに周囲に色々配置してあると客も誘引しやすいのかもしれませんね。
次回行くときはタカシマヤからデッキを渡ってサザンテラス方面を撮って見ようと思うのであります。

あ、そうそう。今日で一端店仕舞いになったけど、伊勢丹地下に入っていた「やきにくれすとらん沙蘭」のステーキ弁当はうまかったのですよ。あれで2000円弱なら安いわ。また来るらしいので、メルマガ登録してチェックしておきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

3枚目と6枚目が秀逸ですな♪

おつかれさまです。
まさに通常工期3年の竜宮工房で、それほど待たずに比較的難度の高いレンズを入手されたこと自体がプラチナチケットに等しいのではないかと(笑)
まぁ、冗談はさておき、3枚目と6枚目はまさに湘南でブィブィ言わせてた頃の指の間にフィルム挟み、それこそ10分に一回は装填していたときの勢いを感じさせてくれる秀逸なカットぢゃないですか。
今後は二丁拳銃状態での迫力とライブ感有るカットの量産を期待してます。

Re: 3枚目と6枚目が秀逸ですな♪

Charley944さん
お疲れです。
これはもう竜宮工房様様です。
距離計連動もピントのずれもありませんでしたし。
工作精度もあるので惜しいのですよ。
もっと評価しないといけないかもしれませんね、竜宮工房は。

で、3枚目と6枚目がお気に入り、ありがとうございます。
このUnknownを使いだしてから、昔の走りながらフィルム抜出アンド再装填、とかやってた頃の自分を思い出しました。
自分はやはり、フルサイズだのAPS-Cだの言う前にレンジファインダーが性に合っているんだなと再認識した次第です。
それにしても鎌倉を撮ってた頃の姿を覚えてらっしゃるとは(笑)
あの頃の様な「撃て、撃て、考えるな」ってスタイルとデジタル写真の相性も良い様なんで、後は二丁拳銃でどう撮っていくかですね。今あるバックだと二丁拳銃は難しいので新調しないとなあ、そっちも。

> おつかれさまです。
> まさに通常工期3年の竜宮工房で、それほど待たずに比較的難度の高いレンズを入手されたこと自体がプラチナチケットに等しいのではないかと(笑)
> まぁ、冗談はさておき、3枚目と6枚目はまさに湘南でブィブィ言わせてた頃の指の間にフィルム挟み、それこそ10分に一回は装填していたときの勢いを感じさせてくれる秀逸なカットぢゃないですか。
> 今後は二丁拳銃状態での迫力とライブ感有るカットの量産を期待してます。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。