スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のCarenar28mmの見た中華街と山下公園

本日は珍しく横浜から。
所用で横浜市街に行ったこともあり、そこから折角なので足を伸ばしてみた次第。

先日いつもの如くCharley944さんにメールで「うははははは、Carenar28mmと135mmを安値でゲットしたざます」と書いたところ、「Carenar28mmは良く知らんが、135mmは以前ブログに掲載したので良く知っている。いつものNEXではなくEOSで撮る様にな(意訳)」との返答が来たので、急きょ予定を変更してEOS7Dで撮って見たのですよ。
おかげで、所用の荷物の10倍以上の重さになった次第。
だからガラスレンズで135mmなんて重くて肩の負担が(以下、略)

石川町でJRを降りてから歩いて中華街経由山下公園の散策は1.1km位ですが、観光客が多いのでそれより歩いた気がしましたね。

では作例を。
カレナー28

カレナー28

カレナー28

カレナー28

カレナー28

カレナー28

カレナー28

カレナー28

カレナー28
(F2.8で撮影)

カレナー28
(F5.6で撮影)

カレナー28
(F2.8で撮影)

カレナー28
(F5.6で撮影)

カレナー28
(F5.6で撮影)

1枚目:iphone5
2~13枚目:CanonEOS7D+Carenar28/2.8(絞り開放、JPEG圧縮、10・12・13枚目はF5.6で撮影)

Carenarの素性についてはCharley944さんのブログとかで記載されているので詳細は省きますが、アメリカの会社で日本のメーカーからレンズをOEM生産でもらっていたみたいですね。
このレンズの場合、MadeinJapanと書いてありましたので、多分ペトリ製なんでしょう。
その割にはペトリのレンズと比べると、普通っぽさが強い気がするのですけどね。
まあ、良くある28mmってことで。
ただし、久々のOVFなんでピント合わせはきつかったです。
7Dだからまだ何とかなりましたけど、普及機だったらボケボケな写真連発だったでしょう。
やはりEVF+ピーキングはすごいですね。
改めてその便利さを痛感しました。

それにしても横浜はオープンな街ですね。
外から来た人や文化もしっかり受け入れて消化して自らのものにしてしまっている。
このバイタリティは海沿いの町ならではのものかも知れませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これ、結構掘り出しモノかもよ・・・笑

おつかれさまです。
昔のレンズで28mmというのは上手に作るのがなかなか難しく、四隅が流れるものも多かった気がするのですが、今回の試写結果はAPS-Cだからなのでしょうか、どのカットも四隅まできっちり結像していて、ブランド推挙者としてはホットさせて貰いました(笑)
ただ、135mmの一貫して締まりの有る発色傾向に比べ、どちらかというと、全体的に抑え目のトーンでありながら、赤とか緑とかがちょい不自然にブーストされてデジタルっぽさが目立つと思ったのですが、いかがでしょうか。
まぁ、デジタル時代の表現方法のひとつとして捉えられれば、これはこれで案外面白い使い方が見つかるやも知れませぬ。

Re: これ、結構掘り出しモノかもよ・・・笑

Charley944さん
お疲れです。
今回Carenarは初めて使ったのですが、写す画が素直だなあと感じましたね。
インパクトは薄いのですが、ゆがみも少なく抑えめな発色なので、モノクロで使うといいかも知れません。
今度NEXでやって見ましょう。
Carenar侮れませんね。

> おつかれさまです。
> 昔のレンズで28mmというのは上手に作るのがなかなか難しく、四隅が流れるものも多かった気がするのですが、今回の試写結果はAPS-Cだからなのでしょうか、どのカットも四隅まできっちり結像していて、ブランド推挙者としてはホットさせて貰いました(笑)
> ただ、135mmの一貫して締まりの有る発色傾向に比べ、どちらかというと、全体的に抑え目のトーンでありながら、赤とか緑とかがちょい不自然にブーストされてデジタルっぽさが目立つと思ったのですが、いかがでしょうか。
> まぁ、デジタル時代の表現方法のひとつとして捉えられれば、これはこれで案外面白い使い方が見つかるやも知れませぬ。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。