スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のやっぱりこのレンズはF2以上に絞らないとどーにもならん。

今日から3連休。
Charley944さんはI先生やhiroさん達と石岡の祭り見物へ。
実にうらやましい限り。

単身赴任なら、行く時間は作れそうなんだけどねえ。

仕方ないので、いつもの調神社のうさぎを撮りに行く。

ニコン58

ニコン58

ニコン58

ニコン58

ニコン58

ニコン58

ニコン58

ニコン58

1~8枚目:SONY NEX-7+NIKKOR-S 58/1.4(絞り開放、JEF圧縮のみ)

前回の盆踊りでも感じたのですが、このレンズ絞り開放は緊急避難的な側面が強いような気がします。
EVFで使用しましたが、絞り開放ではどこまでやってもピーキング機能が作動しません。
故に半ばギャンブル的な感覚で撮ってました。

この後の50/1.4と比べると性格の違いが一目瞭然というところでありました。

このレンズはF2以上で使うとニッコールらしい映りになる様なので、その話は次の機会で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

穿った見方をすると・・・

お疲れさまです。
いやはや、何とも豪快な暴れっぷりですねぇ・・・
一、二枚目のカットでの木漏れ日の崩れ方なんざ、鱗状で、こんなの初めて見ました(苦笑)

思うに、銀塩フィルム時代は、巻グセ有り、温度・湿度によるフィルムベース材の伸び縮み有りで、受光面の平坦度なんざ、結構アバウトなもんで、それに引き換え、現代のデジタルときたら、受光面の平坦度どころか、起伏差なんて、μどころかÅ単位ですからねぇ・・・

この受光面、即ち焦点面の条件の違いが少なからず効いているような気もするのですよ。

でもまぁ、今まで明るい玉はと云えば、フランジバックの短いゾナータイプばっかり作ってた会社が、Fの登場を境に、フランジバックを20mm近く伸ばし、しかも焦点距離は限りなく50mm近傍に留めるってマーケティング上のニーズがあったので、開放での収差コントロールの優先順位が落ちたというのが、当たらずとも遠からず、ってとこではないでしょうか。

Re: 穿った見方をすると・・・

Charley944さん
お疲れです。
豪快なんですよ、絞り開放だと。
ピーキング機能も作動しませんからねえ。

Charley944さんのコメントにあります通り焦点面の条件の違いが反映されている様に思います。
以前紹介しましたニッコール千夜一夜の後段で、50/1.4が一つの標準、と言うような標記がありましたし、マーケティング上も必要あったのでしょうね。技術力の発露と言うかアピールポイントとして。
開放1.4と言いつつ実際は1.44xx…と、開放1.5と大差ないと評されたレンズもニコンは作っていた時期もあったようですから、「とりあえずFの発売に間に合えばいいから。開放1.4も出ればそれでいいから。」と言う判断があったのかもしれませんね。

> お疲れさまです。
> いやはや、何とも豪快な暴れっぷりですねぇ・・・
> 一、二枚目のカットでの木漏れ日の崩れ方なんざ、鱗状で、こんなの初めて見ました(苦笑)
>
> 思うに、銀塩フィルム時代は、巻グセ有り、温度・湿度によるフィルムベース材の伸び縮み有りで、受光面の平坦度なんざ、結構アバウトなもんで、それに引き換え、現代のデジタルときたら、受光面の平坦度どころか、起伏差なんて、μどころかÅ単位ですからねぇ・・・
>
> この受光面、即ち焦点面の条件の違いが少なからず効いているような気もするのですよ。
>
> でもまぁ、今まで明るい玉はと云えば、フランジバックの短いゾナータイプばっかり作ってた会社が、Fの登場を境に、フランジバックを20mm近く伸ばし、しかも焦点距離は限りなく50mm近傍に留めるってマーケティング上のニーズがあったので、開放での収差コントロールの優先順位が落ちたというのが、当たらずとも遠からず、ってとこではないでしょうか。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。