スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のソフトフォーカスでどーにもならない写真は色の調整でまだ何とかなるかもしれない

本日はあいにくの雨で出かけることもできず。

先ほどCharley944さんから土曜日の楽しい話を聞いて、行けば良かったと思いつつも家庭は捨てられないし厳しいところであるので、昨日撮った写真をモノクロ加工してみた。

昨日も書いたけど60年代のレンズって下手するとモノクロフィルムでバランス取ってんじゃないかと思う時もあったので、試しにWindows付属の調整ソフトウェアを使ったら多少は良くなったかなあと言う感じ。
このレンズ、次回からはモノクロ限定にした方が良いのかも。

モノクロ加工

モノクロ加工

モノクロ加工

モノクロ加工

モノクロ加工

モノクロ加工

1~6枚目:SONY NEX-7+Auto Nikkor58/1.4(JPEG圧縮+モノクロ加工)

それと、このレンズ絞り開放は緊急時のみと限定した方が良いのかも知れないなあ。
F2とかF2.8くらいに絞った途端にピーキング機能が復活した様な印象だったし。

こりゃ確かにカラーフィルム全盛期を睨んだのかそれとも絞り解放時の性能がクレームに直結すると判断したかはアレですが、2年で販売終了というのも無理はないと思いました。

とは言え、F5.6くらいに絞ったら多分ニッコール独特のかっちりした写真になりそうな予感もあります。
しばらく様子見ですねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よくもまぁ・・・

おつかれさまです。
こんな難しいレンズをしかも夜間のEVFで動きの激しいスナップに使いましたねぇ・・・
こういう時は、フィルム時代から、だいたい、F黒にフード付Nikkor50mmf2H付け、ASA800のカラーで開放撮影ってのが相場だったのですが。
そもそも、50mmクラスのF1.4ってのは、とっさにピンを合わせるのも、光読むのも難しいですよね。
そもそもタングステン光は太陽光と違い、光源辺りの密度が高く、色温度が低く、しかも、射点が低いですから、意図せぬゴーストやフレアの原因になり易いし・・・
それでも、カラーで秀逸と思った、一番最後のカットは、元々良く撮れているので、モノクロ変換でも、その良さは失われていないと感じましたね。

Re: よくもまぁ・・・

Charley944さん
お疲れです。
最近このブログは「オールドレンズできるかな?」方向に入りだしているので、1.4なら夜景で使おうとかそういう感じで撮ってます。
言われてみればF2開放の方が安定感はあるのですよ。そういうことも忘れるくらいf1.4のハイスピードに夢を見て、大変な状況になりました(笑)
でもまあ、これはこれで面白いと思うのですよ。Charley944さんだったら絶対やらないだろうなあと思うやり方で撮って見ると、また違った側面が出る様な気がします。
今回Charley944さんがブログで上げたAR57/1.4も自分のそれより抜けが良い感じですし、同じレンズ径f値であっても製造年によって微妙に性質違うのも何となく見えてきましたし。

今回タングステン光の話を聞いて、あの照明がタングステン光とようやくわかりましたが、そういう中で更に条件悪いと思われるレンズを使ったら、こんな写真が撮れた、ということは見えましたのでこれはこれで良いんじゃないかと思ってます。
で、カラーで良い感じだったものはモノクロにした方がより良いこともこのレンズの特性かなあと思うので、このレンズも楽しめそうです。

> おつかれさまです。
> こんな難しいレンズをしかも夜間のEVFで動きの激しいスナップに使いましたねぇ・・・
> こういう時は、フィルム時代から、だいたい、F黒にフード付Nikkor50mmf2H付け、ASA800のカラーで開放撮影ってのが相場だったのですが。
> そもそも、50mmクラスのF1.4ってのは、とっさにピンを合わせるのも、光読むのも難しいですよね。
> そもそもタングステン光は太陽光と違い、光源辺りの密度が高く、色温度が低く、しかも、射点が低いですから、意図せぬゴーストやフレアの原因になり易いし・・・
> それでも、カラーで秀逸と思った、一番最後のカットは、元々良く撮れているので、モノクロ変換でも、その良さは失われていないと感じましたね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。