スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のコニカヘキサノン57mmが見た北浦和公園等

夜景を撮りに行こうとしたら土砂降りの雨。
昼間の快晴が嘘の様である。
今は雷も鳴っていて21時くらいまではこのままとか。

東京では竜巻注意報も出ているそうな。

3.11以降気象の動きが以前と変わった気もするのだが、さて真相はどうなんだろうねえ。

本日はCharley944さんの影響で入手したコニカヘキサノン57mm/1.4の作例を上げてみる。
Charley944さんがチェックしたところでは、57mm/1.2と比べ1.4の方はあまり良くないとのことであった。
確かにこの時代の前後でのニッコールレンズとかも58mm/1.4は二年ほどで姿を消しているし、その後50/1.4にシフトしていったことを考えると、技術力のアピールと言う点では設計者も忸怩たるものはあったのかもしれない。
とは言え、ヘキサノン57/1.2は中々市場に出てこないし、普通に57mmで市場に顔を出すのは1.4級だから、撮ったらどうなるかくらいは見てみたいところである。
Charley944さんがやらないならこっちでやってみれば良いだけのこと、であります。

そんな撮影結果がこちら。
いつも通りのNEX-7との組み合わせであります。
ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

ヘキサノン5714

1枚目:iphone5
2~17枚目:SONY NEX-7+KONICA HEXANON 1:1.4 f=57mm(絞り開放、JPEG圧縮のみ)

昨日のヘリオスや至近で使ってみたF1.8級と比べるとピントの幅がとても薄い気がする。
特に被写体に寄って撮影するとピントの薄さが顕著に表れる気がした。
被写体とはある程度距離を保って撮影しないと言葉に詰まるレンズかもしれない。
が、Charley944さんお勧めの57/1.2と比べれば1/5以下の金額で入手可能なレンズなので、コニカヘキサノン57mmを使ってみたいけど1.2なんてeBayとかセカイモンとか行かないと見つからないよ、と嘆く方には5k以下の値段ならオススメかもしれない。

人を撮ったらどうなるか、については近場でお祭りでもあればトライしてみようと思う。
もっとも本命として使うにはこのレンズまだ底が見えないので、大穴レベルでの使用を前提に装備を組むかねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レンズ考証追記

AR57/1.4については判断つきかねるところが出ています。
57/1.2とは比べるまでもなくおかしいことは判るのですが、ピントのシビアさだけが1.2以上に厄介と言う特性です。
オリンパスのOM55/1.2やニッコール58/1.2と比べても、EVFで見た際のピントの薄さがとても厳しく、作例でもシネレンズもかくやのグルグルなボケが出ているカットもあって、一体全体このレンズはどこに向けた標準レンズとして作っていたのだろうか判断に困るところです。

もしやこのレンズ、当時の営業からのリクエストで57/1.2の鏡胴とか一部の材料を流用して、1.4級にf値が入っていればいいやって線で作ってしまったのではないかという穿った見方もしてしまいそうです。
5000円未満なら買っても後悔は少ない気がしますが、これを買うより52/1.8とか50/1.7の方が使いやすいようには思います。

とは言え、57/1.2はebayでも4万円から6万円くらいで取引されているので、57mmと言う口径が気になるなら1.4もありかも知れませんね。

極論すれば・・・

おつかれさまです。
こんなヨタ話しをすると、何云ってんだかぁ!?とか一笑に付されてしまいそうですが、この57mmf1.4の描写って、うちのゴムローレットのお行儀良すぎて個性が稀薄な個体とも違い、開放では画面全体にコマ収差と球面収差による薄っすらとしたフレアが均質に掛かっており、四隅まで描写性能は変化が無いように見受けられます。その傾向は3,6,7,8枚目のカット辺りで顕著ではないでしょうか。
これは、全盛期のPETRIの上質で良心的なレンズ設計を髣髴とさせてくれます。

ただ、大きな違いは、スイートスポットを外れると、これでもか!?と大暴れしてしまうことでしょう、特に一枚目の松皮のカットはレンズが偏心でもしているのかと思わず心配してしまったほどです。

Re: 極論すれば・・・

Charley944さん
お疲れです。

一度そちらの57/1.4と突き合せてみないと何とも言えませんが、コニカのレンズは同じ焦点距離とf値でも四世代くらいに分類されるものがありますので、Charley944さんがお持ちの57/1.4と僕のとはもしかすると世代が異なるのかもしれませんね。
すんごいグルグルぼけが出ますもの、この57/1.4。

露出をマイナス方向に振って光量を絞るときれいに撮れる様には思いましたが、もう少し使ってみないと何とも言えませんね。ただ、PETRIを彷彿とさせる、とのコメントはありがたくいただきます。

スイートスポットを外れた時の暴れ具合は、FL55/1.2よりすごいです。
1.4級でこういうレンズは初めてですね。

> おつかれさまです。
> こんなヨタ話しをすると、何云ってんだかぁ!?とか一笑に付されてしまいそうですが、この57mmf1.4の描写って、うちのゴムローレットのお行儀良すぎて個性が稀薄な個体とも違い、開放では画面全体にコマ収差と球面収差による薄っすらとしたフレアが均質に掛かっており、四隅まで描写性能は変化が無いように見受けられます。その傾向は3,6,7,8枚目のカット辺りで顕著ではないでしょうか。
> これは、全盛期のPETRIの上質で良心的なレンズ設計を髣髴とさせてくれます。
>
> ただ、大きな違いは、スイートスポットを外れると、これでもか!?と大暴れしてしまうことでしょう、特に一枚目の松皮のカットはレンズが偏心でもしているのかと思わず心配してしまったほどです。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。