スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のオートセコール50/2.0が見た浅草寺界隈

池波正太郎氏の生家跡から待乳山を抜けて浅草寺へ歩く。
普段それほど歩いていなかったつけが来たのか、足腰がだるくなるも、シャッターを押す指は止まらない。

レンズをコニカ35/2.8からマミヤオートセコール50/2.0に付け換えてさらに撮影。

この日の装備は、Charley944さんがEOS50D+MINOLTA AUTO-ROKKOR100mm/3.5、X-Pro1+KONICA HEXANON 58mm/1.4,PETRIV6-2+55mm/1.8と言う重装備。netdandyさんはNEX-6+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSと言う組み合わせでありました。

マミヤ50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

セコール50

1枚目:DSC-TX1
2~33枚目:SONY NEX-7+AUTO SEKOR 50/2.0(絞り開放、JPEG圧縮)

50mmだと換算焦点距離は75mmくらいになるが、この距離感が最近の自分には合っている気がする。
寄るにせよ離れるにせよ、適度な緊張感をもたらしてくれる。

浅草寺に入ってからは夏休み終盤の賑わいをカメラに収める。

途中、目線を合わせてくれた方も撮影。

浅草寺周辺を歩くだけでも結構な枚数を撮影できた。

Charley944さんが撮影スポットとして重宝するのも当たり前かもしれない。

ここであらかた撮影してから新宿タカシマヤのクラシックカメラ博へ向かうことにした。

なお、このオートセコールについては、写真の通り良く映り、被写体に寄ればある程度ボケるレンズだなと言う印象であった。
街撮りスナップ中心なら、案外F値は2.0くらいがベターなのかもしれないなと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

爽やかな晩夏のひと時・・・ですかな

おつかれさまです。
いやはや、ここにアップされるまで、セコールをお使いとはついぞ気付かなかった・・・
う~ん、こうなったら、いつになったら使えるか判らんAXマウントレンズより、手っ取り早く、某所で買う人もなく打ち捨てられているオートソリゴール55mmf1.4でもボディごと買ってきて、Mマウント化しちゃおうかなぁ・・・笑
とまぁ、そんなヨタ話しはおいといて、全般的に発色が淡く、デジタル臭くない雰囲気が涼しげで良いですよね。
勝手気ままな風来坊水先案内人である拙者に黙ってついて来ながら、16枚目や21枚目のような晩夏の寂寥感そのものをイメージしたカットをものにされるとはまさにご同慶の至りです。

Re: 爽やかな晩夏のひと時・・・ですかな

Charley944さん
お疲れです。
そう言えば、今回レンズの話はあまり話しませんでしたね(笑)

ここのところ55mmとか50mmばかり使っていたもので、このレンズに変えてから精神的に落ち着きました。
その結果が16枚目とか21枚目の様な抜き打ち置きピン撮影だったりします。
使ってて視覚に合うレンズだとこういうこともできてしまうのが、このNEX-7の恐ろしいところでもありますが。ピーキング機能万歳と言ったところです。

オートセコール自体は可もなく不可もなくという映りですが、フィルムっぽく映るときもあるので、今後重宝しそうです。

で、ここでAXマウントからさらにオートソリゴールが出る辺り、Charley944さんのポケットの奥深さを感じますねえ。まだまだ隠し玉はあるに違いないと見ました。
次回の撮影会も楽しみにしてます。


> おつかれさまです。
> いやはや、ここにアップされるまで、セコールをお使いとはついぞ気付かなかった・・・
> う~ん、こうなったら、いつになったら使えるか判らんAXマウントレンズより、手っ取り早く、某所で買う人もなく打ち捨てられているオートソリゴール55mmf1.4でもボディごと買ってきて、Mマウント化しちゃおうかなぁ・・・笑
> とまぁ、そんなヨタ話しはおいといて、全般的に発色が淡く、デジタル臭くない雰囲気が涼しげで良いですよね。
> 勝手気ままな風来坊水先案内人である拙者に黙ってついて来ながら、16枚目や21枚目のような晩夏の寂寥感そのものをイメージしたカットをものにされるとはまさにご同慶の至りです。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。