スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のフジノン55mmが見た調神社

本日も所要で浦和に出たので、調神社まで足を伸ばす。

フジノン55

フジノン55

フジノン55

フジノン55

フジノン55

フジノン55

フジノン55

フジノン55

フジノン55

1枚目:iphone5
2~9枚目:SONY NEX-7+FUJINON 55mm/1.8(絞り開放、JPEG圧縮)

フジノンレンズで撮影してみる。EBCではないが色合いとかすっきりしていて飽きがこない。
浦和の調神社は鳥居がなく、鳥の止まり木代わりに電線のコードが這わせてある。
夕暮れ時からは電気がつくのだろうか。
今度はオートタクマー55/1.8あたりと比較してみようか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フィルムと云っても通じそうな

おつかれさまです。
発色もあっさりしていますし、樹にしても石にしても遠景のビルにしても線描写がフジのリアラエースではないカラーネガの描写を彷彿とさせるテイストだなぁとか思いました。
また一枚目のセミの抜け殻の背景のボケが示す通り、とても後ボケが優しくf1.8開放というより、f1.2クラスで球面収差が程好く残存したレンズの写りのようなテイストにも思えました。
最後のカットの気持ち悪くならない程度の控えめなグルグル傾向も何かお茶目で面白いと思いました。

Re: フィルムと云っても通じそうな

Charley944さん
お疲れです。

フジノンで撮ると、ソニーのCMOSとの相性もあってこういう映りになるのかもしれませんね。
最近のレンズでこういう描写を出そうとすると結構大変かもしれません。
F1.8級で、しかもEBCでないフジノンですが、5k以下でこの映りが入手できるなら安いかなあと思うのですよ。

最近は同じ場所同じ構図で撮る様に心がけているのですが、最後の狛兎の写真の背景は確かに不思議な感じですね。このレンズならではの描写なのかもしれません。今こういうレンズを作ろうとすると、コシナに委託するかして100kレベルの値段になってしまうのでしょうね。

> おつかれさまです。
> 発色もあっさりしていますし、樹にしても石にしても遠景のビルにしても線描写がフジのリアラエースではないカラーネガの描写を彷彿とさせるテイストだなぁとか思いました。
> また一枚目のセミの抜け殻の背景のボケが示す通り、とても後ボケが優しくf1.8開放というより、f1.2クラスで球面収差が程好く残存したレンズの写りのようなテイストにも思えました。
> 最後のカットの気持ち悪くならない程度の控えめなグルグル傾向も何かお茶目で面白いと思いました。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。