スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の川越情景

川越情景

川越情景

川越情景

川越情景

川越情景
SONYNEX-7+FD35mm/2.0SSC ProgramAE (JPEG圧縮)

川越に撮影に行ったのももう1か月前の事かと思う今日この頃。
そりゃ髪も伸びるわけだと床屋に行ってきましたよ。
川越大師の初詣の風景も徐々に遠い日の出来事になりつつあるので、新しい写真など撮りに行かないといけないなあと思うのであります。
でもまだ寒いんですよねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見慣れたカットかと思えば・・・

おつかれさまです。
またもや川越からのカットですね。

ホント、川越、佐原、栃木、鹿沼辺りはお祭りぢゃない、単なる好天の休日にぷらっと出かけても、それなりに味の有るカットが撮れるから貴重ですよね。

しかし、いつも不思議に思うのは、レンズ個体の経年変化の違いは有るにせよ、NEXで撮ったCanonFD S.S.C.は何とはなしにあっさりとした線の細い描写に見えますが、X-Pro1で撮ると、それこそライカのRズミクロンみたいに、直接、光を画面に叩き込んだみたいな、よりコントラスト高めの高彩度の発色になるのですよねぇ・・・う~ん何故なんだ。

Re: 見慣れたカットかと思えば・・・

Charley944さん
お疲れです。

定点観測にももってこいですね。
川越とか佐原とか鎌倉は。
観光地でありながら歴史情緒や古き良き昭和を見ることが出来るからかもしれませんが。

NEXとX-Pro1の違いについては、ソニー(と言いつつ旧ミノルタとか旧コニカ方面の蓄積経験値?)と富士フィルム(ベースは東芝?それを富士の経験値で調整しているという感じですかね?)の好みの差と言う気がします。
SINBIとVelviaの違いみたいなものかも知れません。
処理エンジンの調整具合でも変わってくると思いますしね、色合いは。
機械的にはもしかするとX-Pro1的アプローチが正解なのかもしれませんけどね。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。