スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の記憶

震災から1年。

あの日のことは思い出せるけど一年経った実感はない。

まだ震災の中にいる、そんな気分。

横浜
Unknown ISO200 F5.6AE(JPEG圧縮)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホント月日の経つのが早くて・・・

おつかれさんです。

実は、昨日は工房ブログのネタ仕込みに何の気なく、深大寺へと出かけてみたら、奇しくも14時46分にちょうど本堂周辺で撮ってて、その"運命の時"を告げる鐘の音と共に、一周忌の法要が営まれ、あちらさんは天台宗のお経、小生は台密の経文は全く馴染み無いので、手前味噌?の真言宗の真言を暫し唱え、亡くなった無数方々の尊い生命を共に悼み、そして復興への祈りを捧げてきました。

周りを見回したら、十字を切った方、神道式の祝詞唱える方、さすが都内屈指の名刹だけのことは有ると思いました。

人それぞれに思いは異なるものの、祈りの力がハーモニーする異空間に彷徨い込んだような不思議な体験でした。

しかし、太平洋戦争の終戦記念日、2つの原爆記念日、そして阪神淡路大震災の記念日と、年を追う毎に人々の関心は薄れていってしまいますから、何とか今のこの皆がひとつに繋がる思い、つまり"絆"をいつまでも忘れずに禍転じて福と為す、を地で行くように国をU字カーブで建て直せないものか、と非力ながら思った次第です。

Re: ホント月日の経つのが早くて・・・

Charley944さん
お疲れです。

宗派は違えども想う心は一緒、ということでしょうか。

ただこれを切っ掛けにして、しがらみとか切り捨てた計画的な街づくりってのもやってほしいものですよ。
今回の被災地の中にも限界集落ってのはあるはずですし、それをそのまま活かすのか、それとも集約させて災害に強い街づくりでもやるのかとか。

どうもその辺をおざなりにしたままで、1年経ったからはい終了、って気運が濃厚な気がしてなりません。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。