スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約80年前のクーデター未遂

横浜
Unknown ISO200 F5.6AE(JPEG圧縮)

世間では東京マラソン一色だったが、あっしとしては今から76年前に起こった2.26事件を思い出していた。

丁度東日本大震災ももうじき発生から1年を迎えることとなるが、2.26事件もその原因の一端には「政治腐敗と農村の困窮への無対応」があったとする説もあるらしい。

東北も未だに震災から立ち直れていない中で、1年経過という状況が、変な意味での区切りをもたらさないかという気がする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あの日は大雪でした

たしか、2.26事件を扱った映画で、東北地方の寒村で、貧しさから娘さんが売られ、その悲しみを目の当たりにした、主人公のひとりが、全ては支配階級のせい、と憤り、それが若手将校達の動機を象徴しているような描き方ではなかったかと思います。

ただ、彼らはやり方を間違っていました。 重臣を殺害したところで、国の仕組みが変わるでなし、結局は、軍内部の統制派と皇道派の抗争の鉄砲玉に利用され、若い命を露と消していったに過ぎなかったのです。

その彼らが、夢幻の理想に燃え、その幕引きとして若い命を散らしたところ・・・それが今のNHKの敷地なのです。

ふと、そんなことを思うと、自分の生活を含め、今の日本の在り方って、2.26で命を落とした双方、そして太平洋戦争で国家の存続、いや、子々孫々の生存を願っただけかもしれませんが、自らのかけがえのない命を捧げた方々はどう見ているのか?と時折、やるせない気持ちになることがあります。

No title

ちょうどその時に私の亡き父親は警視庁前を車で通過しようとしていたら、兵隊が道路封鎖していて通行出来なかったとの事でした、
兵隊たちは冬用のコートに身を包み小銃を構えて物々しい警戒だったそうで、その後会社で戦車の走行音も聞いたとの事です、
ラジオで天皇の呼びかけ放送も聞いたそうです。

3,11もそれ以上に大変なのに今の政治家たちはどこ吹く風で政争に明け暮れています。

日本の今後が思いやられます。

Re: あの日は大雪でした

Charley944さん
お疲れです。

松本零士さんの戦記漫画でもそういう話がありましたね。
まあ、NHKでやっていた「何故戦争が起きたか」というシリーズを見ても、諦観で見ているのかなあと思うときもあります。

何せ未だに変わらぬ構造ってものはそこかしこにありますからねえ。

結局敗戦国ってのはそういうものだと思うことしきり、ですね。

また証言が・・・

hiroさん
お疲れです。

3.11は1年経ったので一区切り、永田町とか霞が関からはそんな声も聞こえてきそうですけどねえ。
丁度今テレビでも特集組んでますが、震災被害で余裕がない人にはこういう番組作りはどう映るのだろうか気になってます。

そういう感覚で番組作りとかやってたら神経持たないのでしょうけれども。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。