スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日の引き際

木曜日映画を見た後、ラゾーナに寄った。

丁度広場でスケートリンクが出来ていて、子供がやりたいと言うので1時間ほどやらせた。

向かい側のステージでは、後藤真希が活動休止前最後のフルアルバムの発表ライブと握手会をやると言うのでマスコミが押し寄せていた。
またラゾーナのステージを望む各フロアも人が賑わっていた。

引き際

引き際

引き際

引き際
いずれもCanonPowershotS90 ISOAUTO F5.6AE (JPEG圧縮、中央重点測光で撮影)

客が集まって良かったねと言うところだが、案外通り過ぎる人も多かった。
やはり人間惜しまれるうちに表舞台から去ることが大事なんだろうと思う。
そうでなければ生きている限り表舞台に居続けられる様あらゆる手段で維持しなければいけない訳だし。

過酷な商売なのだろうと思うし、引き際のタイミングと言うものを考えさせられた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何事も引き際が肝心・・・

なんか、迫真のカットの連続で、フライーデーか何か読んでるみたいな既視感が・・・笑
それはそうと、さっきTVでやってましたが、熱心なファンが1万人以上も集まったそうですね。
落魄の身とは言え、さすが、全盛期のモー娘の絶対的エースです。

思えば、極めて禁欲的な孤高のエースである彼女の卒業と同時にグループの転落が始まっていったような気も。

色恋沙汰スキャンダル続出、挙句の果てにはリーダーが出来ちゃった婚ぢゃ、擬似恋愛対象たり得ることこそが商品価値であるアイドルとしての"信頼性"が地に墜ちたも同然で、テレビではなく拠点の小さな劇場を振り出しにキモヲタ相手にも地道に握手会なんかやって、恋愛絶対禁止を打ち出したAKB商法の後塵を拝するのも時間の問題だったのでしょう。

しかし、話し戻って、まさに引き際については、それぞれ頂点を極めた2つのグループが対極に挙げられます。

会場を満杯にして、惜しまれつつ引退したキャンディーズ、彼女達を上回る金字塔の如きレコードセールスを叩き出しながら、歯抜けだらけの会場でいまひとつ盛り上がりに欠ける引退劇を何とか創作したピンクレディ・・・縁遠い芸能界でありながら、何かしらの教訓を与えてくれたような気がしました。

まあ、後が続きませんよね。

あの業界は、歌を歌う人よりもそれをプロデュースする人が儲かるように出来てますからねえ。
商品に手をつけるつけないは別にして。

つんく氏は、商品には(表立っては)手をつけず、まっさらな人と結婚してますし。
秋元某氏に至っては、おにゃん子の時にも恋愛禁止を謳っておきながら、商品に手をつけて結婚してバックれましたからねえ。

まあ、そういう物に資金を投じる人の神経が判らないのでアレですが、AKBももってあと一年位じゃないですかね。
日本人より韓国人の方が使い勝手が良さそうですし。

キャンディーズとピンクレディーの話は、当時を知らないとわからない部分もありますけど、その後の展開を見てもうまく引退して女優なり一般人になった方がうまくやっているなあとそういう感じはします、はい。

報道

20年ぐらい前には2枚目の画像の様に私もカメラかついでいましたね?
もう年も年だし。
現役でカメラかつぐ事もほとんど無くなりました、何時見ても稗コントラストの画像で私には撮れないといつも感心してみています。

Re: 報道

hiroさん
お疲れです。

うわ、あれ担がれていたのですか!
あんな重い物よくまあ・・・。

あっしも仕事でもって見たことがありましたが、すぐ三脚に戻しました。
あれ持って走れば良い運動になりそうです。

ハイコントラストの画像は、撮影後のJPEGデータをWindowsのビューワーで弄っただけなので、実際の写真はもっとマイルドですよ。
GRデジタルのハイコントラストモノクロみたいな写真を後加工でできないかと実験しているだけです(^^ゞ
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。