スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日のXF56㎜が見た横浜大桟橋近辺の情景とCP+2016にいた女性

さて、横浜山手西洋館群を後にして一路CP+2016会場に向かおうかと思ったのですが、まだ時間があったので、折角だからと大桟橋の方に足を延ばすことに。
丁度映画「さらばあぶない刑事」の舞台としても使われた古い建物がありましたので、その辺りを撮ることにしました。
また、CP+2016会場に入ったらポートレートの練習もしようと思ったので、ここでレンズをXF56㎜/1.2Rに換装しました。

さてその撮影結果は如何に。

1枚目:iphone5
2~6枚目:FUIFILM X-Pro1+FUJINON XF56mm/1.2R(Full-OpenedAE)

XF5612
発売した直後にポートレート用の56㎜が出てしまい、存在意義を失った悲運のレンズ。
それがXF56/1.2Rの特徴かなと思うところです。
大体、APS-Cだと換算84㎜ですから、どう考えてもポートレート用に持ち出すのが前提の筈。
それが「ごめん、このレンズより新しく出る方がもっとポートレート向きだわ(笑)」とメーカー自身が宣言してしまうとこのレンズは立場がなくなってしまいますわな。
キヤノンやニコンがそんなことやろうものなら多分相当なクレームが来たのでしょうが、あいにくそこまでフジノンは売れてないのか騒ぎにもなりませんでした。
その辺りも含め、悲運のレンズなのでしょうね、このレンズは。

XF5612と横浜大桟橋近辺
1枚目は大桟橋近辺にあるCJCAFEの脇にあるランドマークの扉を一枚。
クラレン連の前身の時から、ここを撮りに来ると必ず誰かが撮影するポイントでもあります。
いかにも横浜らしい風景なのですが、いつまでも残ってほしいものですね。

XF5612と横浜大桟橋近辺
2枚目は象の鼻入口の車止めの象さんで遊ぶ子供をノーファインダー一発勝負で撮影したもの。
クラレン連メンバーやJLCの方々とお話ししながらカメラだけそちらに向けての撮影。
GR1v使用時には良くやってましたが、久々に、しかも56㎜でやったところうまく行きました。
これで大体この距離とこの角度ならこう撮れるということが分かりましたので、このレンズももっと持ち出しませんとね。

XF5612と横浜大桟橋近辺
3枚目はこれだけ見ると外国の風景にしか見えなくなる一枚。
場所はCJCAFEの並びのビルの看板なのですけど、これだけ出したら多分知らない人は異国情緒満載のこの写真を見て日本とは思わないでしょうね。
こういうシーンが撮れるのも横浜大桟橋近辺の魅力です。

XF5612とCP+2016
4枚目からはCP+2016会場での結果を。
まずはマウスコンピューターのブースにいた女性を一枚。
AF頼りの一発勝負でしたが、それなりの色合いになったかなと。
とは言えちょっと硬質な写りですね。
同じように撮影したcharley944さんは85㎜rレンズで寄り過ぎたのか「証明写真の様な写真になってしまった」とぼやいてました。

XF5612とCP+2016
最後はドコモのブースにいた女性を一枚。
こちらは一度露出パターンに失敗して撮り直したものです。
会場内のライティングが、東京モーターショーの時より難しく露出を+1にして撮り直したところ何とか肌色が良い感じで出ました。
でもやっぱり硬質な写りに見えたのでここでこのレンズの使用は終了し、Touitシリーズの最後の一本、MacroPlanarに換装することにしました。

このレンズ悪くはないのですけど、もう少し花とか撮って癖をつかんだ方が良いかなと。
後はこの手のイベントに持っていって女性を撮ってパターン分析をしないといかんなと思いました。

この日はNDフィルターをつけていたのでそっちの影響も否定できないもので・・・。

さてこの後はMacroPlanarによる撮影結果を。
スポンサーサイト
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。