スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい暗箱を読み始めた。

ヘリオス58

ヘリオス58

ヘリオス58

1~3枚目:SONY-NEX-7+HELIOS-44-2 2/58(絞り開放、JPEG圧縮)

今のニコンはあまり好きではないが、昔のアルファベットがかっちり刻印されたNikonは好きだった。
F2やFE2、FM2は何台か使っていたのだが、いずれも信頼にこたえるカメラであった。
AFになってからのニコンは、一度だけF6を使ったことがあるがどうもなじめなくてそれからはキヤノンのEOSシリーズ一辺倒になった。

多分AFが全盛期に入るころに、ニコンの中で何らかの世代交代が起こったのだろうとは思うのだが、それならFとかF2を作っていたころのNikonがどうだったのだろうか。
そんなことをぼんやり考えながら、ISO14001の教育資料を作っていたら、いつの間にかISO14001と言うかPDCAサイクルを上手く回せないカメラメーカーがどういう末路をたどったかと言う話になってしまったと、友人のCharley944さんに話したら、今は亡き朝日ソノラマが発刊していた「明るい暗箱」(著者:荒川龍彦氏)を紹介されたのである。

読み進めると当時のNikonの凄さが見えてくると同時に、キヤノンの発足当時の技術者の中にNikonの職人さんがおそらく流れていたであろう話も入っていて、当時の力関係とかその後の展開を考えると実に面白い内容なので、あっという間に半分ほど読み終わった。
多分、昔ながらの日本軍向け測距機械製作のノウハウ等が残っていた間はNikonであり、その辺が薄れてからがニコンになったのかなあと漠然とではあるが思っている。

そういう意味ではキヤノンの方が歴史が浅い分、製品の切り替えもうまく行くのだろうなと言う気もしたのだが。

FDからEOSへの切り替え、あれが出来たことと、おそらくはブラック企業以上にブラックという噂の、キヤノンの営業部隊の万人坑の上に今のキヤノンの繁栄が築かれているのかもしれないが。

そんな感じで教育資料を作り直してみたら、今度はPDCAサイクルが導入できず自浄作用のない会社は敗者になる、と言う感じのエキセントリックな文書になってしまったので、再度作り直し。
最近の若手社員は、自分の勤務する会社の強みとか弱みに興味がないみたいだから、文書内容には悩むねえ。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。