スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の映画

子供の夏休みももうじき終わるので、アベンジャーズを見に行った。

子供はハルクがお気に入りらしい。わかりやすいパワーファイターだからだろうか。

かみさんはキャプテンアメリカが良い男だとのこと。

自分はアイアンマンが相変わらずの活躍で面白かった。

2時間以上の映画であったが、始まりから終わりまで飽きることはなかった。

リーマンショック以降、不況だというがそれでもこういう映画を撮れるアメリカの底力には只々畏怖するばかりである。本当に力のある国をなめてはいけないわけだ。支配されるならまだアメリカの方が良いのかもしれないなあ。中国とか韓国の様な国よりも。

それと今回一番の驚きは、映画のプリントがコダックではなく富士フィルムだったこと。

コダックがもはや斜陽とは知っていたけれども、この手のドル箱映画のプリントがコダックでないということは、時代を感じさせた。

映画

映画

映画
いずれもFUJIFILM FinepixX100 ISO200 ProgramAE(JPEG圧縮)


金を払う価値のある映画ってのはアベンジャーズのようなものをいう。
CMの文章には偽りはなかったと感じた次第。
アイアンマンのシリーズからハルク、ソー、キャプテン・アメリカと追いかけた甲斐があった。

次回は多分2015年とか2016年くらいかねえ。
また一つ死ねない理由ができた。
スポンサーサイト
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。