スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日のW-Nikkor35/2.5が見た築地場内市場

久々に築地場内市場に行ってきました。
移転のごたごたで今年の年末も築地は活況でした。

さて、そんな築地をW-Nikkor35/2.5はどう写したのでしょうか。

1枚目:iPhone7
2~11枚目:FUJIFILM X-Pro2+Nikon W-Nikkor35/2.5(Full-OpenedAE)

W-NIKKOR3525
定期的に使っているこのレンズ。構造には欠陥があるものの写りが良いので手放せません。
一度Charley944さんに見てもらった方が良いかな?
この日はSKさんと共に歩いてきました。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
1枚目は場内市場大通りを一枚。
ひっきりなしにターレが行きかいます。
こういう雰囲気が築地場内市場の良さなのでしょうね。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
2枚目は大通りの様子を一枚。
11時過ぎですがまだまだ忙しなく色々な人が動いてます。
その合間を縫って観光客や買い物客も訪れます。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
3枚目は場内市場のお店の様子を一枚。
買い物客向けに11時以降も小売りを続けるお店です。
魚が飛ぶように売れてました。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
4枚目はお店に勤務する父親を待つご家族でしょうか。
タブレットで母娘で遊びながら会話していました。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
5枚目は魚をさばき終わって後片付けをする人を一枚。
大体11時半くらいにはお仕事は終わりの様です。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
6枚目は丁度店の前を通りかかったところ、東京都のテレビ番組のスタッフが取材をしていたので、その様子を一枚。
おそらく築地移転の混乱についてのインタビューか、或は年末の魚はどれが美味いかってインタビューかなと思います。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
7枚目は観光客向けにカニを売っているお店の店先を一枚。
年末ということでカニが飛ぶように売れてました。
一人で3杯買ってかれる方もおりましたね。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
8枚目はトロ箱をパッカーに詰めるショベルカーを一枚。
東京の台所ですから、出てくるトロ箱の量も半端ないです。
一日にかなりの量が廃棄されるのでしょうね。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
9枚目は、12時近くなり店じまいをするおじさんを一枚。
こういう風景も来年は築地ではもう見られないのかもしれません。

W-NIKKOR3525と築地場内市場
最後は場内市場から出る我々と入れ違いに買い出しに入る子供を一枚。
親御さんたちが先行して魚を買い付けに行っている様でした。

SKさんと一緒に撮り歩きながら、「カメラバッグよりクーラーボックスを持ってくればよかったね」という話になりました。
何せ下手なスーパーやデパ地下より安くて質の良い魚が販売されてますからね。

この日は鳥藤場内店で食事にしましたが、近隣の「ととや」や「吉弥」、「鴨正」のランチもおすすめらしいので、次回はそっちも行ってみましょう。

さて、この後はレンズをCine-Xenonに付け替えて冬の勝どきの様子を。
スポンサーサイト

月曜日W-Nikkor35/2.5が見た御殿場アウトレットモール

更新を終了して、そういえばまだ出し忘れていたものがあったような、とHDDを見直すと、先週行った御殿場の写真がほったらかしになってましたよ。
確か急遽御殿場アウトレットモールのイッタラにコップを買いに行くという話が出たので、ピカチュウ大量発生チュウ!の撮影の際にぶっ壊れたW-Nikkor35/2.5の修理状況を確認しようとX-Pro2につけて持ち出しました。

さて、どう映ったのでしょうか?

1枚目:iPhone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro2+Nikon W-Nikkor35/2.5(Full-OpenedAE)

WNIKKOR3525XPro2
ニコン辺りでこのレンズの復刻版作らないですかね。
マウントはLマウントかMマウントで。
コシナあたりにSP-DXの件で大迷惑かけているのだからそれくらいやっても罰は当たらないと思いますよ>Nikon

WNIKKOR3525XPro2と御殿場
1枚目は最初に立ち寄ったイッタラの店の前で一枚。
絞り開放でも5m位にピントを合わせればほぼ全域にピントが来る感じですね。
やはり良いレンズですわ、これ。

WNIKKOR3525XPro2と御殿場
2枚目はイッタラの店の前の茂みを最短距離付近で一枚。
これくらい寄るとボケもきれいに出ますね。
やはりこのレンズ、Neptune.Opt.Co辺りにメンテに出そうかな。
そこでだめならcharley944さんにねじが緩まない方法でも聞くとするか。

WNIKKOR3525XPro2と御殿場
3枚目はカシオG-SHOCKショップの前で親を待つ姉弟を、こちらを向いた瞬間にノーファインダー一発勝負で一枚。
ちと足は切れましたが、まあピントは合ってたので良かったかなと。

WNIKKOR3525XPro2と御殿場
4枚目はアウトレットモール内の出店でサンダルを見る姉妹と疲れ気味のお父さんを一枚。
まあ、基本お父さんの買い物はあまりないですからね。
大抵どの場所でもぐったりするお父さんと生き生きするお母さん、ポケモンGOやゲームで盛り上がる子供たちという構図がありました。

WNIKKOR3525XPro2と御殿場
最後は帰りがけに寄ったとらや工房での一コマ。
急な雨で土砂降りになってました。
かき氷もそろそろおしまいです。

この日は折角なので、いつも立ち寄るスコッチグレインのアウトレットショップで靴を見ていたら、ブラウンレザーの良い感じのビジネスシューズが出ていたので買いました。
なお、靴一足の購入金額が、家内の食器類や子供の服の総合計より高かったのはなんともはや。

本店勤務になったら履くとしますかね。
現場作業ではダメージでかいので使う気になりませんが。

なお、この日はNikonのアウトレットショップでNikon1V3とDfとか見てきましたけど、今一ときめきませんでした。
フルサイズミラーレスでSP-DXを作るという話が実しやかに流れて、コシナもSマウント-Eマウントアダプターを作ったのに結局立ち消えになる辺り、Nikonは商売が下手だなあと思う次第です。

株主として何か意見言った方が良いのですかねえ、これ。

月曜日のW-Nikkor35/2.5が見た横浜ピカチュウ大量発生チュウ!

そう言えば8月中旬以降に撮った写真をアップしてなかったことを思い出したので更新であります。

ピカチュウってすごいですね。
イベント中はアジア圏だけでなくオーストラリアからも観光客が来ていたようです。
流石、○怪ウォッチとは違いますな。

1枚目:iPhone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro2+Nikon W-Nikkor35/2.5(Full-OpenedAE)

WNIKKOR3525XPro2
こうやって見ると、これくらいコンパクトで写りの良いレンズならもうちょっと話題になっても良い筈だなと思う今日この頃。
このW-Nikkor35/2.5はニコノスV用の35㎜レンズからレンズ部位のみ抜き出したものです。
まあ、King-2辺りに持って行けば距離計非連動でLマウントなら作ってもらえるような気もします。
一個持っていて損はないレンズですね。

WNIKKOR3525XPro2とピカチュウ
1枚目は関内駅前のピカチュウ広場にある巨大ピカチュウの前で記念写真を撮る家族を一枚。
この日は海外からの観光客が大勢押し寄せてました。

WNIKKOR3525XPro2とピカチュウ
2枚目は巨大ピカチュウの横にあるピカチュウの群れと観光客の雰囲気を一枚。
これだけ群れていればそりゃ客も立ち止まりますわな。

WNIKKOR3525XPro2とピカチュウ
3枚目はピカチュウの群れを撮る女性2人の観光客を一枚。
しきりに「可愛い!」と連呼してました。
金はかかるでしょうが、年4回くらい開催すれば観光客もガンガン来て賑わうように思いますけどねえ。

WNIKKOR3525XPro2とピカチュウ
4枚目は小型ピカチュウを前に記念写真を撮るかどうか悩む観光客を一枚。
後ろの中型ピカチュウが人気で中々客が離れないので待とうかそれとも小型ピカチュウと撮るかで考えてました。

WNIKKOR3525XPro2とピカチュウ
最後は結局小型ピカチュウと記念写真を撮ることにした観光客を一枚。
中々客が中型ピカチュウから離れないので、こうなったようですね。

もうちょっと撮り進めようかと思った矢先にレンズトラブルが発生し、急遽絞りが動かなくなるわ焦点も合わなくなるわと言う状況になったので、W-Nikkorでのこの日の撮影はこれでしまい。

後でレンズを点検したら、裏蓋のねじが緩んで外れそうになってました。
このレンズの癖みたいなものなので、使う時は必ずねじを締めなおしてからにしないといけませんね。

この後は同じピカチュウ大量発生チュウ!をシグマのズームで撮ってみました。
さてどうなったでしょうか。

木曜日のNikkor35/2.5が見た片瀬江の島海岸

レンズをUW-Nikkor35㎜に交換して撮影続行です。
もう夏の風景ですね、片瀬江ノ島海岸は。
ピーカンだったのでシャッター速度が厳しくなるかと思いましたが、さてどうなったでしょうか。

1枚目:iPhone5
2~6枚目:FUJIFILM X-Pro2+Nikon UW-Nikkor35/3.5(Full-OpenedAE)
※いずれもクラシッククロームモードでの撮影です。

Nikkor3525
コンパクトで写りの良いレンズってのは、レンジファインダーを使う上で外せないものですがこのレンズもその一つです。
ニコノス用の35㎜レンズを転用したのですけれども、元々がSマウントのNikkor35mm/2.5なので、悪く映る筈がありません。
どうせなら距離計連動用レンズとして再販してほしいものですが、多分今売るとそれなりのバカ高い値段になるのでしょうね。

Nikkor3525と片瀬江ノ島海岸
1枚目は片瀬江ノ島海岸の桟橋脇に書いてあった落書きを1枚。
まあ、マナーの悪い客が多ければこういうコメントも出てくるでしょうね。

Nikkor3525と片瀬江ノ島海岸
2枚目はちょいと風の強い海岸沿いから波に乗ろうとするサーファーを1枚。
こういうシーンが撮れるので、このカメラ重宝します。
やっぱり1/8000まで撮れると選択肢が広がりますね。

Nikkor3525と片瀬江ノ島海岸
3枚目は防波堤のすぐ下で波に向かって石を投げる子供とその家族を1枚。
この後ちょいとした波が来て子供は逆襲を喰らってました。
おそるべし、自然。

Nikkor3525と片瀬江ノ島海岸
4枚目は片瀬江ノ島海岸から突き出た桟橋の先で釣りをしていたおじさんを1枚。
丁度獲物がかかったのか、「来た来た!」と言いながら竿を引いてました。

Nikkor3525と片瀬江ノ島海岸
最後は桟橋の先で寄り添うカップルを1枚。
初夏の海を見ながら楽しい話をしているのでしょうか。

なお、このシーンを撮影した後、海岸に戻ろうとしたらそりゃもう大きな波が直撃しました。
半身びしょぬれであります。
何もここで落ちをつけなくても、と思いながらそのまま帰路につきました。


次回は5月6日にリターンマッチと相成った築地市場の撮影結果を上げてみます。

日曜日のW-Nikkor35/2.5が見た清澄庭園

本日二回目の更新は、昨日参加したクラレン連春の撮影会午前の部で訪れた清澄庭園より。
X-Pro1にはW-Nikkor35/2.5をセット。
最近シネレンズをつけた時のEVFの見え方がどうにも気に入らなくて、国産レンズの雄の一つNikkorレンズをつけることが増えてきました。
もう一方の雄CanonFDレンズもやはりEVFの見え方は秀逸なのですが、それについてはまたの機会に。

共通データは以下の通りです。
1枚目:iphone5
2~6枚目:FUJI X-Pro1+W-Nikkor35/2.5(F2.5AE,JPEG圧縮)
W-Nikkor35/2.5
コンパクトなパンケーキレンズなので、持ち出す機会が多いです。
色合いは安定のNikkorレンズ、その上Sマウント時代の設計をそのまま維持しているという点でもこのレンズの生き残りブリがすごいなと思うのですよ。

W-Nikkor35/2.5と清澄庭園
1枚目は庭園内の建物を遠景で。
中ではお茶会をやっていたようです。
あいにくの曇天と小雨でしたが、良い色合いになりました。

W-Nikkor35/2.5と清澄庭園
2枚目は松の木の枝をアップで。
こういうシーンを撮るときにはミラーレスの方が便利ですね。

W-Nikkor35/2.5と清澄庭園
3枚目は凪いだ水面に映る松の木を一枚。
こういうシーンも清澄庭園では普通に撮影できます。
入場料150円というのは安い様に思いました。

W-Nikkor35/2.5と清澄庭園
4枚目は紅葉をアップで一枚。
この時期に紅葉って珍しいと思うのですが、そういう木なのでしょうかね。
赤の色合いがR-D1xGよりあっさりとした色になってます。
設計年次の違いって、レンズでもそうですがデジタルカメラでも顕著に出てきます。

W-Nikkor35/2.5と清澄庭園
最後は庭園内の桜の木の枝に落ちた桜の花びらを一枚。
桜の花びらの色をフィルムで映すのはかなり困難だったのですが、デジタルカメラではいとも簡単に出してきます。
淡いピンク色の再現が、雨でぬれた桜の木の枝に上手く映えました。

今回は午前の部で私は35/2.5対決として、X-Pro1にW-Nikkor35/2.5、R-D1xGにCOLOR-SCOPAR35/2.5PⅡを装着して撮ってました。
R-D1xGの撮影データはこれから整理するのですが、さてどれだけ違いが出るのか、その結果が楽しみです。
プロフィール

出戻りフォトグラファー

Author:出戻りフォトグラファー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。